11月30日開業の相鉄・JR直通線、運行計画を発表 1日46往復、新宿以北直通は6往復

Traicy

2019/9/7 16:25

JR東日本と相模鉄道(相鉄)は、11月30日に開業する「相鉄・JR直通線」の開業に合わせ、ダイヤを改正する。

11月30日に開業する相鉄・JR直通線は、相鉄線・海老名から西谷、羽沢横浜国大、武蔵小杉を経由し、新宿駅まで運行する系統。JR東海道貨物線の横浜羽沢駅付近と相鉄線の西谷駅間に約2.7キロメートルの連絡線を新設し、これを利用して相鉄線とJR線が相互直通運転を行う。

相鉄・JR直通線 停車駅発表されたダイヤでは、1日46往復(92本)を海老名~新宿間で運行し、うち6往復(12本)はJR埼京・川越線新宿以北に乗り入れ、赤羽・武蔵浦和・大宮・指扇・川越発着で運行する。JR線の羽沢横浜国大~新宿間は、全列車が武蔵小杉・西大井・大崎・恵比寿・渋谷に停車する。相鉄線内は、特急または各駅停車として運行する。なお、新宿以北のJR埼京線内は、快速または各駅停車として運行する。平日は通勤快速としても運行する。

平日・土休日ともに、朝ピーク時は毎時4本程度、日中時間帯は毎時2~3本程度、夕・夜間時間帯は毎時3本程度を運行する。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ