きゃりーぱみゅぱみゅ「にんじゃりばんばん」が『ジョン・ウィック3』劇中曲に起用!

 俳優のキアヌ・リーヴスが主演を務める『ジョン・ウィック』シリーズの最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』の劇中曲として、世界に活躍の場を広げるアーテイスト・きゃりーぱみゅぱみゅのヒット曲「にんじゃりばんばん」が起用されることがわかった。同曲が使用される本編映像も解禁された。

【写真】きゃりーぱみゅぱみゅ、グレーの髪色がかわいい! ほかイベントのオフショット

キアヌが見せる銃と体術を組み合わせたキレ味鋭い流麗なアクション「ガン・フー」と独自の世界観で大ヒットとなった『ジョン・ウィック』シリーズ。その最新作となる本作では、復讐の果てに裏社会の掟を破った伝説の殺し屋ジョン・ウィックがその首に1400万ドルの賞金をかけられ、襲いくる膨大な数の刺客たちと戦う姿が描かれる。

きゃりーの「にんじゃりばんばん」が使用されているのは、寿司職人にして最強の刺客・ニンジャ軍団の初登場シーン。NYの片隅に佇む寿司屋“平家”に、エイジア・ケイト・ディロン扮する冷酷な裁定人が訪れると寿司職人たちが「いらっしゃいませ~! 何にします?」と威勢よくあいさつする。裁定人は無表情で主席連合の証であるコインを差し出し、すると「こんなに早く来るとは」と職人たちが表情を一変。彼らの裏の顔は板長でもある最強の暗殺者・ゼロ(マーク・ダカスコス)が率いる最強のニンジャ軍団で、ゼロは暗殺依頼に「興味がある。とても」と申し入れを快諾。ジョン・ウィックとの対決に静かに闘志をみなぎらせる。

そんな緊迫感満載のシーンで平家の店内BGMとして流れるのが、世界で活躍するアーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」。きゃりーは、本作での楽曲起用について「『にんじゃりばんばん』が、有名なハリウッド映画で流れていると知って本当にびっくりしました!私の中でも代表曲のひとつなので、素直にすごく嬉しかったです」と喜びのコメントを寄せた。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』は10月4日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ