今泉佑唯、欅坂46卒業後の変化「甘えることがなくなった」

 アイドルを卒業してから「責任感がより強く芽生えてきた」と近況を話すのは、元欅坂46の今泉佑唯だ。昨年11月、多くのファンに惜しまれつつも3年強にわたり在籍したグループの活動を終了。1月には事務所の所属が変わり、女優としてのキャリアをスタートさせた。一つひとつ階段を駆け上がる今、「グループの一員だった当時と比べて、ソロになったからこそ誰かに頼り甘えることがなくなった」と明かす。

【写真】かわいい笑顔! 今泉佑唯インタビューフォト集

■自分と向き合う時間を積極的に作るように

グループにいた当時は、メンバーの一人としてライブのリハーサルや本番、握手会やテレビ収録などに忙しかった今泉。卒業後、一人になってから余裕が生まれたかと思いきや、笑顔で「時間が足りないほどです」と返してきた。

「不思議ですけど、今の方が忙しいかもしれませんね。グループのメンバーだった頃とは時間の使い方も変わったんですよ。当時は『明日はこの仕事だ』とこなすのに精一杯で、仕事以外では寝てばかりいたんです。今もありがたいことに仕事のお声がけをいただけるようになり、それでも前より余裕はできたんですけど、スケジュールが空いていればジムやマッサージへ通ったりと、自分と向き合う時間を積極的に作るようになりました」。

在籍当時に出版したソロ写真集『誰も知らない私』(主婦と生活社)撮影までの準備をきっかけに、体づくりに励むようになったという今泉。今でも週に3回ほどのペースでジムへ通っているというが、10月から出演する連続ドラマ『ミリオンジョー』(テレビ東京)の現場では、共演者から「顔が丸い」と言われるのが少し悩み。「腹筋は割れているのでいつか、披露したいです」と明るく笑う。

一方で気になるのは、グループからソロになって変わった心情。自分一人だという責任感は日に日に強まり「一つひとつの物事と、深く向き合うようになった」と話す。

「さまざまな場面で、自分で決断するべき事柄が増えたからかもしれません。例えば、こうしたインタビューやライブのMCでも、人数がたくさんいたので『誰かが答えてくれるだろう』と、今思えばみんなに甘えていたんです。今ではすべて自分にはね返ってくるというのが分かってきたし、発言にしても『言葉選びは合っているかな』と一呼吸置いて考えたり、環境にも少しずつ慣れてきた気がします」。

■いつか美容サロンを経営してみたい

6月に発売したドキュメンタリーDVD『今泉佑唯の出逢い旅~20歳の再出発 アイドルから女優へ~』(エイベックス・エンタテインメント)では、北海道に住む同世代の女性たちへインタビューを試みた彼女。グループの活動を並行していたのもあり、高校時代は「一般的な同世代の子たちがどんな生活をしているのか味わえなかった」と振り返るが、DVDでの取材を通して、自分自身の“一人の女性”としての将来像も描くようになったという。

「ドキュメンタリーの撮影をしていた春頃は心がまだ揺らいでいて、いまいち自信が持てなかったんですよ。でも、同世代でさまざまな人生を歩んでいる方々のお話を伺って、少しずつ『一度決断したら、最後まで芯を曲げない女性になりたい』と理想像が見えてきたんです。

最近、違う夢もぼんやりと思い浮かんできて。一日でも早く『女優・今泉佑唯』として認知されたいのはもちろん、演技以外の世界では、いつか美容サロンを経営してみたいんです。マッサージや自分磨きが好きなので、自分の感覚を活かして『キレイになりたい』と悩む女性たちを支えていきたいと強く願っています」。

大きく舵(かじ)を切った今年は、自分にとっての「ゼロ年」であると話していた今泉。舞台やドラマへの出演を通して女優としてのキャリアを築き続けている一方、一人の女性としてもどのように成長していくのか。彼女自身の人生は、この先でいっそう輝きを増していくはずだ。(取材・文:カネコシュウヘイ 写真:松林満美)

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ