「大人だけの入場は禁止」 農場への立ち入りを断られた不妊症の女性が激怒

しらべぇ

2019/9/7 10:00

(oticki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
何年も母になりたいと頑張るも妊娠せず、酷く落ち込むこともあるためセラピーに通っている女性がいる。その女性が動物との触れ合いができる農場訪問を予定し「素敵な日になるわ」と楽しみにしていたというが、立ち入りを拒否されてしまった。

■子供が欲しかった女性


英国で看護師として働くある女性(46)は、子供を授かることができず、長いあいだ胸を痛めてきたという。

苦悩ゆえに鬱状態になることもあり何年もセラピーに通っているというが、今は大好きな動物との触れ合いに癒しを得ているとのこと。この日も動物と触れ合える人気の農場に行くことを予定し、胸を躍らせていたという。


関連記事:長年支持される理由とは? タイで唯一、日本人が経営するオーガニックファーム『黒田』

■楽しみにしていた農場訪問が…


女性とその夫は、訪問の前日にはインターネットで入場券を予約。当日は張り切って農場に向かったものの入ろうとするなり制止され、「お子様連れじゃない方の入場はお断りしています」「安全対策です」と拒否されてしまったとのこと。

ショックを受けたまま駐車場に戻ったところそこには老夫婦がおり、やはり「お子様連れじゃないと…」と入場を断られたと女性に明かしたという。

女性はこの件につき「差別だ」とSNSに書き込み激怒。「黙っている気はない」「私のような人間は、子供が多い場所には行けないってこと?」といった趣旨の書き込みを続け、怒りをあらわにしている。

■農場側の主張


一方、農場側は今回の措置につき安全対策であると主張。「お客様を不愉快にさせる目的でもうけたルールではありません」と反論している。

また動物との触れ合いを楽しみにしている子供たちが多く集まる場だけに「安全を保つための規則だ」という主張は今も覆しておらず、同施設のホームページにも、「子連れでない大人だけの入場は不可」と記載されている。

■世間の反応は…


「万人を満足させるなんて無理」として、誰に対しても平等にルールを守らせている農場を支持する声もあるが、その一方で「こんなルールは変えた方が良い」という声もある。

子供が被害者となる凄惨な事件や誘拐事件の激増で怯えている親たちにとっては、「できる限りの安全対策を続けてほしい」というのが本音のようだが、不妊で辛い思いをしている女性にとっては「子連れじゃない人はダメ」という言葉はつらすぎた。

・合わせて読みたい→日中、家族にエアコンを使わせたくない夫 「まさかの行動」に非難轟々

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ