菅田将暉ツアーファイナルに山崎賢人が登場! 「さよならエレジー」熱唱


俳優で歌手の菅田将暉が6日、東京・Zepp DiverCityにてツアー「菅田将暉LIVE TOUR 2019“LOVE”」のファイナル公演を行い、俳優・山崎賢人がサプライズ登場して会場を盛り上げた。

アルバム『LOVE』を引っ提げた全4カ所5公演。自身最大のZeppツアーは、約20万の応募の中から選ばれた約1万人を動員するプレミアムなツアーとなった。

この日は俳優デビュー10周年の記念日でもあり、観客からの「おめでとう!」に応えた菅田は、「そうなんです。10周年迎えました!」と報告。「10年前の今日。9月6日。16歳の時に初めて菅田将暉として面に出た日なので、感慨深いものがあります」と胸の内を明かし、歌手・米津玄師との出会いを振り返りながら、「まちがいさがし」を披露した。

そして、いよいよラストというタイミングで菅田がマイクスタンドを追加で用意すると会場は大いに沸き、「登場して頂きましょう。山崎賢人!」の紹介でサプライズ登場。菅田が主題歌を提供した日本テレビ系ドラマ『トドメの接吻』で主演を務めた山崎は、「見たこともない景色、見させてくれてありがとうございます」と感謝し、「いっちゃいましょう、さよならエレジー」に続いて同曲を共に熱唱した。

本編終了後、菅田は一人で登場すると弾き語りで「ベイビィ」を披露。ツアーTシャツを身にまとったバンドメンバーがステージに登場し、「ゆらゆら」、そしてラストは「ピンクのアフロにカザールを」。菅田は歓声を受けとめながら、「今日は本当に来てくださってありがとうございます」とツアー最終日を締めくくっていた。

■菅田将暉 LIVE TOUR 2019 "LOVE" セットリスト(9月6日)
1.「ソフトビニールフィギア」
2.「ロングホープ・フィリア」
3.「クローバー」
4.「あいつとその子」
5.「りびんぐでっど」
6.「まちがいさがし」
7.「キスだけで feat. あいみょん」
-幕間映像- (アルコ&ピース平子祐希 出演)
8.「見たこともない景色」
9.「風になってゆく」
10.「いいんだよ、きっと」
11.「つもる話」
12.「7.1oz」
13.「スプリンター」
14.「TONE BENDER LOVE」
15.「ドラス」
16.「さよならエレジー」
【ENCORE】
17.「ベイビィ」
18.「ゆらゆら」
19.「ピンクのアフロにカザールかけて」

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ