メルカリで不用品売って旅行に、旅行需要喚起で連携 KNTやメルペイなど

Traicy

2019/9/6 20:43

KNT-CT メルカリKNT-CTホールディングスとメルカリ、メルペイは共同で、相互の市場の新規開拓・拡大と旅行消費の喚起に向けたマーケティングプログラムを展開する。

「いらないものをメルカリで売って旅行へ行こう!」をテーマに、KNT-CTホールディングス傘下の旅行会社の顧客にメルカリで不要品を出品してもらい、売上金をスマホ決済サービス「メルペイ」を通して旅行商品の購入などに利用する。顧客の店舗への来店を誘致しながらキャッシュレス決済サービスへの対応が可能となるとしている。

第1弾として、クラブツーリズムの顧客向けに「メルカリ教室」を実施し、メルカリのアカウント登録から実際の出品までを体験できる場を設ける。初回実施は9月8日を予定する。

KNT-CTホールディングスでは、近畿日本ツーリストの首都圏・関西・中部エリアの直営店舗でメルペイを10月から導入する予定。メルペイで支払うと受けられる特典やサービスも検討している。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ