熱海の定番観光スポットおすすめ19選!女子旅で行きたいスイーツ店も

じゃらんnews

2019/9/6 16:00




都内から気軽に行くことのできる熱海。昔ながらの定番スポットはもちろん、リゾート施設や美術館、海をはじめとする大自然が広がる美しいロケーションは、女子旅でも行きたいスポットが盛りだくさんの大注目エリア。

東京から新幹線で約40分でアクセスできる熱海で、いま行くべきの選りすぐりの観光&グルメスポットをご案内します♪

記事配信:じゃらんニュース

<目次>
■熱海の定番観光スポット
■熱海のおすすめグルメ

熱海の定番観光スポット
アタミロープウェイ
熱海の街並みと海岸線が一望できる特等席
アタミロープウェイ日本一短い観光ロープウェイとも呼ばれている
熱海市街はもちろん相模灘を見渡すことができる「アタミロープウェイ」。
そのゴンドラは全面ガラス張りのシースルー!ドキドキ3分間の空中散歩で八幡山山頂に到着します。

展望台には、多くの恋人たちが二人の思いを絵馬に託して架ける「あいじょう岬」のモニュメントが。
願い事の書かれた絵馬は、大晦日に来宮神社に奉納されるそう。カップルはぜひ旅の記念に絵馬を架けてみて。

あいじょう岬展望台の先端に位置する「うみそらテラス」では、眼下に熱海市街、背後に連なる箱根連山から真鶴半島。
相模湾の向こうには三浦三崎、房総半島が望めます。南に目を転じると手前に初島。その後ろにはどっしりとした伊豆大島の島影を見ることができます。
アタミロープウェイ三方が断崖絶壁。「うみそらテラス」はスリル満点のロケーション アタミロープウェイ
住所/静岡県熱海市和田浜南町8-15
営業時間/9:30~17:30 *上り最終17:00
定休日/なし
アクセス/山麓駅へは、JR「熱海」駅より熱海港・後楽園行きバス10分、「後楽園」バス停よりすぐ
山頂駅へは、JR「熱海」駅より湯~遊~バスで15分、「熱海城」バス停より徒歩3分
駐車場/山麓駅横に10台分駐車場あり。満車の際は窓口まで
料金/中学生以上600円(往復)、4歳以上小学生以下400円(往復)
「アタミロープウェイ」の詳細はこちら
親水公園・ムーンテラス
国内にいながら気分はイタリア!潮風の心地よさを感じて
親水公園・ムーンテラス潮風が気持ちいい親水公園
地中海北部のリゾート地のイメージで整備されている「親水公園・ムーンテラス」。
熱海市が北イタリアのサンレモ市と姉妹都市であることや地形と街並みが似ていることから、その名がつきました。

“南欧・コートダジュール”をイメージした「スカイデッキ」はレンガで、 “北イタリア・サンレモ・リヴィエラ海岸”をイメージした「レインボーデッキ」は“石”を基調につくられています。
また、渚小公園とペデストリアンデッキで結ばれたエリアは、“南イタリアのナポリ海岸”をイメージし、花や樹木も植えられ、雰囲気たっぷり。

散歩や日光浴、記念写真スポットとして地元の人にも、観光客にも親しまれている場所。さらに夜のムーンテラスではライトアップが行われ、ロマンチックなムードが漂います。ぜひ昼夜で訪れてみて。
親水公園・ムーンテラス熱海の街が一望できるムーンテラス。思わず手を繋ぎたくなる…!? 親水公園・ムーンテラス
住所/ 静岡県熱海市渚町地先
営業時間/なし
定休日/なし
アクセス/電車:JR「熱海」駅より熱海港方面行きバスにて約10分、銀座バス停または親水公園バス停下車
駐車場/あり(隣接市営親水公園駐車場140台/30分100円)
「親水公園・ムーンテラス」の詳細はこちら
熱海七湯
熱海温泉の歴史を示すモニュメントをめぐってみよう
熱海七湯明治時代まではこんこんと湯が湧き出ていたといわれる清左衛門湯
「熱海七湯」とは、熱海駅周辺に点在する7つの源泉のこと。
清左衛門湯、風呂の湯・水の湯、野中の湯、小沢の湯・平左衛門の湯、大湯間欠泉、佐治郎の湯・目の湯、河原湯の7つです。

それぞれに成り立ちや歴史の解説をする案内板が設置しているので、ぜひ一読を!
その土地の農民の面白い逸話が残る湯や、饅頭を蒸かしたりお酒を温めたりと生活に即した湯、杖で突いたことで湧き出したと伝えられている湯、塩分が少なく眼病に効能があったことから「目の湯」として重宝された湯、村民たちの公衆浴場であった温泉などもあり多彩なエピソードが残っています。

源泉にそのまま入浴することはできませんが、知れば知るほど、熱海の温泉に入るのが楽しみになってきます。熱海の街を散策しながら熱海温泉の歴史にふれてみては。
熱海七湯大湯間欠泉。定期的に噴煙を上げている 熱海七湯
住所/静岡県熱海市内
営業時間/なし
定休日/なし
アクセス/JR「熱海」駅より各徒歩20分以内
駐車場/なし
「熱海七湯」の詳細はこちら
MOA美術館
都会の喧騒を忘れさせる癒やしの空間でアート観賞!
MOA美術館7万坪にも及ぶ熱海の高台に建つ、格調高いデザインが目をひく美術館
東洋美術の絵画・書跡・工芸を中心に国宝や重要文化財を含む約3500件の収蔵品を誇る、熱海を代表するミュージアム「MOA美術館」。
尾形光琳の傑作とされる国宝「紅白梅図屏風」(※期間限定公開)は特に名高い作品で、毎年2月の梅の季節に合わせた公開を待つファンも多いそう。

美術品はもちろんですが、注目は館内のメインロビーやムアスクエアから見える相模灘の雄大な景観!天気の良い日には、伊豆大島や初島なども見渡すことができます。
春は桜やツツジ、初夏には新緑、秋には紅葉…四季折々に違った姿を見せる庭園も素晴らしい。アートと自然を味わいながらリゾート気分を楽しもう。
MOA美術館相模湾や初島の眺望も楽しめる。芝生に座ってのんびり眺めるのも素敵! MOA美術館
住所/静岡県熱海市桃山町26-2
営業時間/9:30~16:30
定休日/木曜日
アクセス/電車:JR「熱海」駅よりバスターミナル8番乗り場よりMOA美術館行き路線バス(約7分)終点「MOA美術館」下車すぐ
車:東名高速道・厚木道路:小田原西出口から西湘バイバスに出て石橋へ。真鶴道路湯河原出口から国道135号線沿いでMOA美術館(所要時間約2時間)
駐車場/ 200台(無料)
料金/大人1,600円、高校生1,000円、中学生中学生以下無料、その他満65歳以上1,400円
「MOA美術館」の詳細はこちら
熱海城
天守閣から海と城下町を一望できる絶景のパノラマビュー!
熱海城天気が良ければ初島や大島、伊豆半島まで見渡せる
錦ヶ浦山頂にそびえたつ熱海のシンボルともいえる熱海城。

一番の目玉は、やはり天守閣から熱海市街はもちろん、初島や大島、箱根連山までをぐるりと一望できる360度の展望台です。
1階のバルコニーには、ジェット足湯が入場者限定で無料で利用可能。潮風が気持ちよく吹き抜ける中、絶景を見渡しながらの足湯に心も体もぽっかぽか、旅のつかれを癒すことができます。

その他、資料館や浮世絵などを見たり、5階の江戸体験コーナーでは江戸時代の衣装に着替えて江戸時代へタイムスリップ!
自由に衣装を変えられるのでお気に入りの衣装を選んで記念撮影をしてみては。
熱海城海抜160mからの眺望だけでも一見の価値あり 熱海城
住所/静岡県熱海市熱海1993
営業時間/9:00~17:00(入場は16:30まで)
定休日/なし
アクセス/電車:JR東海道新幹線「熱海」駅バス乗り場0番線より「湯~遊バス」熱海城前下車すぐ
東京方面より普通車・大型車錦ヶ浦トンネル出て、左折すぐ。または、伊東・下田方面より国道135号線より錦ヶ浦トンネル手前を右折
駐車場/あり(250台/1回500円)
料金/大人1,000円、小・中学生500円、4~6歳350円
「熱海城」の詳細はこちら
PICA 初島
首都圏から一番近い離島でゆったりと流れる島時間を満喫
PICA 初島潮の香りが心地良いアジアンリゾートヴィラ
首都圏から90分で行け、波の音を聞きながら、ゆったりとした時間が過ごせる南国アイランド「初島」。

宿泊施設のほかに、ネラルたっぷりの海水をくみ上げた「海泉浴 島の湯」、亜熱帯植物に囲まれハンモックに揺られながらアジアンフードを堪能できる「アジアンガーデン R-Asia」など日帰り施設も充実しています。

アクティブに過ごしたい方は空中アスレチック「初島アドベンチャーSARUTOBI」がおすすめ!お気に入りの過ごし方を見つけて。
PICA 初島絶景の露天風呂も併設 PICA 初島
住所/静岡県熱海市初島
営業時間/7:00~21:00 *日程により異なる
定休日/水・木
アクセス/電車:JR東海道新幹線「熱海」駅より、バス乗り場7番線「熱海港・後楽園」行10分「熱海港」下車
車:東名高速道路「厚木IC」から小田原厚木道路・真鶴新道・熱海ビーチライン・国道135号経由約60分
駐車場/3,500円(宿泊者専用駐車場/1泊2日)
「PICA 初島」の詳細はこちら
ラスカ熱海
温泉街熱海を盛り上げる新商業施設!
ラスカ熱海「New Atami Style」が施設コンセプト
「ラスカ熱海」は、熱海駅の建て替えに伴い、2016年11月25日にオープンした、綺麗で賑やかな新・駅ビル。
熱海の玄関口として観光案内所を設置するほか、地元の魅力を発信する多彩な店が登場しています。

1Fの観光案内所の横には、テーブルや椅子が用意された無料の休憩所があるので、少し電車を待つ間などの時間調整にも便利です。

老舗の干物店や和洋菓子店をはじめ、海鮮丼・寿司などの飲食店もラインナップ。熱海・伊豆の定番のお土産はもちろん、夏限定のもろこし天やいかメンチといった限定商品もお見逃しなく!
ラスカ熱海
住所/静岡県熱海市田原本町11-1
営業時間/9:00~20:00(飲食店は11:00~21:30)※店舗により異なる
定休日/不定休
アクセス/JR熱海駅改札を出てすぐ右
駐車場/あり(53台/1時間無料、お買上金額により最大2時間無料。以降60分ごとに400円)
「ラスカ熱海」の詳細はこちら
熱海トリックアート迷宮館
一体どうなっているの!?目の錯覚を利用したおもしろ写真を撮りに行こう
熱海トリックアート迷宮館撮影スポットが満載の館内
まるで目の前に実際にサメや恐竜が居て、本当に襲われているかのように見える立体感ある写真が撮れる「熱海トリックアート迷宮館」。
そのほか、巨人になったり小人になったりといった、人間の目の錯覚を楽しめる作品が数多く展示されているので、SNSに投稿したら「いいね!」が殺到するであろう、不思議でユニークな写真がたくさん撮影できます!

是非ともここは恥を捨て、友達や家族、恋人と写真に合わせた演技力を競い合ってみるのもおすすめです。きっと大盛り上がり間違いなし!
熱海城の敷地内にあり、両施設をお得に利用できる共通券もあるので、セットで訪れたいスポットです。
熱海トリックアート迷宮館目の錯覚を楽しめる作品が数多く展示されている 熱海トリックアート迷宮館
住所/静岡県熱海市熱海1993 熱海城の敷地内
営業時間/9:00~17:00(入場は16:30まで)
定休日/なし
アクセス/車:東京方面より普通車・大型車錦ヶ浦トンネル出てすぐ左折、または伊東・下田方面より国道135号線より錦ヶ浦トンネル手前を右折
駐車場/あり(250台/1回500円)
料金/大人900円、小・中学生450円、4~6歳300円
「熱海トリックアート迷宮館」の詳細はこちら
熱海サンビーチ
青い海、白い浜、みんなが集まる極楽ビーチ
熱海サンビーチシーズンになると混雑は必至。夜のライトアップがおすすめ
海がとても綺麗で、海辺に植えられたヤシの木とのコラボは南国気分を味わえる熱海サンビーチ。
地形と街並みが似ていることから、地中海北部のリゾートをイメージして整備した海岸も素晴らしい景色です。

夜にはライトアップも行われていて、地中海を思わせる幻想的な雰囲気に海岸をライトアップ!一部太陽光発電を使用するなど、省エネルギー性にも配慮しています。
温泉、美しいビーチ、ロマンチックなビーチの夜景、日々の疲れをリフレッシュするのに最高のロケーション。非日常を体験しに出かけよう。
熱海サンビーチ
住所/静岡県熱海市東海岸町
営業時間/遊泳可能時間9:00~17:00、ライトアップ毎晩日没~22:00(花火打上時間は消灯)
定休日/なし
アクセス/JR「熱海」駅より海岸方面へ徒歩15分
駐車場/あり(250台/30分100円)
「熱海サンビーチ」の詳細はこちら
來宮神社
樹齢2100年超の大楠からパワーを頂こう!
來宮神社山と水の両方の気を持つパワースポット
来福・縁起の神として古くから信仰されてきた来宮(きのみや)神社は、樹齢2100年超を誇る大楠が祀られ、荘厳な大地のエネルギーが感じられる場所です。

願いを込めて大楠を一周すれば叶うとも云われいて、今「絶好調!」という人も、「イマイチ…」という人にもおすすめ!ぜひ訪れておきたい開運スポットですね。

神社内に併設されている茶寮では、來宮神社の神様の好物とされる「麦こがし・橙・ところ・百合根」を使った「来福スイーツ」やオリジナルのドリンクを頂くことができます。
來宮神社夜にはライトアップされ、幻想的に來宮神社來宮神社の神様の好物とされる「来福スイーツ」 來宮神社
住所/静岡県熱海市西山町43-1
営業時間/9:00~17:00(社務所) *参拝は24時間可能
定休日/なし
アクセス/JR「来宮」駅より徒歩5分
駐車場/50台
「來宮神社」の詳細はこちら
アカオハーブ&ローズガーデン
海を一望できるお庭と季節の美しい花々に囲まれて、お姫様気分にひたろう♪
アカオハーブ&ローズガーデンバラのベストシーズン(5月下旬)は約600種4000株ものバラが咲き誇ります
自然の丘陵地を活かした海を借景とした雄大な花の楽園「アカオハーブ&ローズガーデン」。

園内には12種類のテーマガーデンが点在しており、淡い色で周辺と調和の取れるオールドローズやイングリッシュローズ、ツルバラなど世界中のバラを楽しむことができます。
バラのアーチが美しいロマンチックな庭園や相模湾を見渡す絶景イタリア式ガーデンを、お気に入りの旅コーディネートでお散歩してみて。

四季を通じて花々の彩りを楽しめるのはもちろん、ハーブ石鹸などを手作りできる体験工房、苗やハーブグッズのショッピングもおすすめ。季節ごとに変化するスイーツやランチもお見逃しなく!
アカオハーブ&ローズガーデン工房では、ハーブなどの自然素材を使用した手作り体験が楽しめる アカオハーブ&ローズガーデン
住所/静岡県熱海市上多賀1027-8
営業時間/9:00~17:00 入園は16:00まで
定休日/12月・1月の毎週火曜日
アクセス/沼津I.Cから(伊豆縦貫道)大場I.C(熱函道路)経由。または、御殿場I.Cから箱根・十国峠経由。または、厚木I.Cから(小田原厚木道路)小田原(国道135号)経由。
駐車場/あり(100台/無料)
料金/大人1,000円、小人500円
「アカオハーブ&ローズガーデン」の詳細はこちら
起雲閣
熱海市街地に現れる、タイムスリップしたような場所
起雲閣緑豊かな庭園では四季折々の草花が彩りを加える
太宰治など、日本を代表する多くの文豪に愛された邸宅「起雲閣」。
日本の伝統的な建築様式の残る本館と離れ、外国の様式が融合された独特な洋館、四季折々の顔を見せる緑豊かな庭園など、優雅で気品に溢れる建物の美に触れることができます。

起雲閣は、大正8(1919)年に築かれた「熱海の三大別荘」と称された名邸で、のちに旅館として営業後、2000年に熱海市の所有となって一般公開されるようになったそう。
歴史的・文化的に貴重な装飾も随所に施され、館内の隅々まで見どころ満載!タイムスリップ気分を味わって♪
起雲閣日本の伝統的な建築様式が残されている本館 起雲閣
住所/静岡県熱海市昭和町4-2
営業時間/9:00~17:00 開館時間(入館は16:30まで)
定休日/水(祝日は開館)
アクセス/JR「熱海」駅から徒歩で20分
駐車場/37台(無料)
駐車場/大人510円、中高生300円、小学生以下無料
「起雲閣」の詳細はこちら
熱海梅園
園内を散策し自然の雄大さを全身で感じて
熱海梅園ゆったりとし佇まいの中を散策できる
日本で最も早咲きの梅、そして最も遅い紅葉と言われる「熱海梅園」。
梅は、樹齢100年を超える古木を含め59品種・472本、紅葉樹は約380本。園内をのんびり散歩をしながら自然美を堪能できます。

熱海梅園は、1886年に開園。当時の内務省官僚・長与専斎氏が「温泉がよく病気に効くのは、ただその中に含まれている塩気や鉄精にばかり頼らず、適当な運動をするからである」と提唱したことから、温泉保養地としての熱海の地に造成されました。

1月中旬~3月上旬の梅まつり、5~6月の新緑、11月中旬~12月上旬のもみじまつりがあり、四季折々で見どころ多数!都会の喧騒を忘れ、熱海に来たら、川や木々を眺めてゆっくりとした時間を過ごしてみては。
熱海梅園
住所/静岡県熱海市梅園町8-11
営業時間/なし
定休日/なし
アクセス/JR「熱海」駅バス1番乗り場『梅園・相の原方面行き』バスで約15分「梅園」バス停で下車徒歩約2分、またはJR伊東線「来の宮」駅より徒歩約10分
駐車場/イベント開催時のみ(100台/有料)
料金/無料
「熱海梅園」の詳細はこちら
熱海遊覧船サンレモ
船上から見渡す360度の壮大な景観
熱海遊覧船サンレモ熱海の街並みと海景色を楽しむ30分間のクルーズ
せっかくなら熱海の海に出てみたい!そんな方には、熱海湾を約30分で遊覧する「熱海遊覧船サンレモ」へ。
名の由来は、熱海市の提携姉妹都市である、イタリアのサンレモ市から付けたものだそう。

熱海湾の美しい海やジオパークに認定されている伊豆大島、初島のほか、海から見た「東洋のナポリ」と称された熱海の素晴らしい街並を観ることができます。

海中展望室からは海の中を覗くことができ、まるで水族館のように熱海湾で回遊する魚を見ることも。また、船上でカモメがすぐそばに来て手から餌を食べてくれるレクリエーションもおすすめ!
潮風を感じながらクルージングを楽しんでみては?
熱海遊覧船サンレモ海中展望室からの景色にテンションが上がります 熱海遊覧船サンレモ
住所/ 静岡県熱海市渚町2020-36
営業時間/10:00~15:40
定休日/火 *年末年始、GW、夏休みは無休
アクセス/車:関東方面からは東名高速道路「厚木IC」より小田原厚木道路・R135・真鶴道路・ビーチラインを経由して熱海まで約1時間
関西方面からは東名高速道路「沼津IC」よりR1・三島・R136・熱函道路を経由して熱海まで約1時間
駐車場/なし *近隣市営駐車場をご利用ください
料金/中学生以上1,200円、3歳以上小学生まで600円
「熱海遊覧船サンレモ」の詳細はこちら
熱海芸妓見番歌舞練場
明治時代から続く芸妓たちの踊りを堪能
熱海芸妓見番歌舞練場芸妓衆が厳しいお稽古をする場「芸妓見番」
熱海は全国でも屈指の芸者街。
「熱海芸妓見番歌舞練場」では、現在でも明治時代から続く芸妓の伝統が受け継がれ、芸妓たちは日々研鑽を重ねています。

初めて訪れるのにどこか懐かしく感じる、湯めまち熱海に溶け込むようにたつ熱海芸妓見番。ぶらり立ち寄ると遠い昔の人々の華やいだ声が聞こえてきそう!

毎週土日に行われる「湯めまちをどり 華の舞」は、熱海芸妓見番歌舞練場を開放し、芸妓衆の踊りを披露するために始まりました。
地方(三味線等の演奏)・立ち方(踊り)の息の合った公演は必見。普段はなかなか見ることのできないプロの踊りを堪能しよう。
事前予約がおすすめです!
熱海芸妓見番歌舞練場毎週土・日に開催される、湯めまちをどり「華の舞」 熱海芸妓見番歌舞練場
住所/静岡県熱海市中央町17-13
営業時間/11:00~(毎週土・日)
定休日/不定休 *詳細は要確認
電話番号/0557-81-3575
アクセス/JR「熱海」駅から徒歩で約20分
駐車場/なし
料金/1500円(お茶、お菓子付) *小学生以下無料
「熱海芸妓見番歌舞練場」の詳細はこちら


■熱海のおすすめグルメ
熱海プリンカフェ2nd
キュートなルックスにときめき♪かわいさ満載のプリン専門店
熱海プリンカフェ2ndとにかくかわいい店構えが目印♪
古き良き熱海の温泉街にたたずむ、どこか懐かしく可愛いお店「熱海プリンカフェ2nd」。
「熱海プリン」は、プリンをメインにした熱海ブランドで、2018年7月にオープンした熱海銀座通りにある店舗はイートインスペース15席のお店です。

こちらの店舗のテーマはなんど「お風呂」!
タイル張りの浴槽や風呂桶をテーブル代わりにして、まるでお風呂にはいっているような感覚でプリンを頂くことができます。ユニークな写真も撮影できるのでSNS映えすること間違いなしです。

プリンの瓶や店内のあちこちにいる熱海プリンのキャラクター「かば」を探すのも楽しい!食べてよし、撮ってよしの、ここでしか味わえない口どけなめらかなプリンに癒やされよう♪
熱海プリンカフェ2nd思わず写真を撮りたくなるキュートな店内熱海プリンカフェ2ndおすすめの熱海プリン特製カラメルシロップ付 350円 熱海プリンカフェ2nd
住所/静岡県熱海市銀座町10-22
営業時間/10:00~18:00
定休日/なし
アクセス/JR「熱海」駅より徒歩12分
駐車場/なし
「熱海プリンカフェ2nd」の詳細はこちら
Restaurant&Sweets花の妖精
客席から一望できる相模灘はまるで豪華客船の船室から海を見渡しているよう
Restaurant&Sweets花の妖精景色とともにゆったりした時間が過ごせるソファー席
広大な相模湾と錦ヶ浦の断崖を窓越しに眺めながら、優雅なランチやティータイムを楽しめる「Restaurant&Sweets花の妖精」。窓側に面したソファー席は、絶景とともにゆったりとした時間を過ごすことができます。

ランチでは季節の食材を使ったシェフ自慢の本格洋食メニュー、ティータイムには旬のスイーツを使用した期間限定のスイーツなどオシャかわで美味しいデザートが味わえます。

店内には花の妖精人形や押し花アート、パティシエ手作りのシュガーアートなどアート作品が並び、さながら美術館に訪れたような雰囲気を堪能。そんな贅沢な演出のレストランで親しい人とゆっくりと語らいながら一休みはいかが?
Restaurant&Sweets花の妖精
住所/ 静岡県熱海市熱海1993-65
営業時間/ティータイム10:00~17:00(L.O.16:30)、ランチタイム11:00~15:30(L.O.15:00)
定休日/火 *不定休
アクセス/車:東名高速道路「沼津I.C」より国道1号・三島・国道136号・熱函道路経由。または、東名高速道路「御殿場I.C」より箱根・十国峠経由。または、東名高速道路「厚木I.C」より小田原厚木道路・国道135号経由。すべてJR「熱海」駅よりは国道135号経由伊東方面へ約15分
駐車場/あり(6台/無料)
「Restaurant&Sweets花の妖精」の詳細はこちら
La DOPPIETTA
地元の食材を中心に作られるジェラートは毎日手作り!
La DOPPIETTAカラフルなショーケースには季節限定商品も
2017年8月にオープンしたジェラート専門店「La DOPPIETTA(ラ ドッピエッタ)」。

季節ごとの旬の素材を使って毎日店内で手作りしており、
定番のシチリア・ブロンテ産ピスタチオやチョコレート、そして丹那牛乳や静岡緑茶、多賀産のだいだい、
來宮神社と歴史的に所縁のある麦こがしなどの地元の素材を使ったものまで多くのフレーバーが並びます。
海を眺めながらジェラートに舌鼓!
色とりどりに並ぶジェラートはどれも魅力的で、どのフレーバーにするか迷ってしまうかも!決めきれない時は好みを伝えて、おすすめのフレーバーを選んでもらうのもOKです♪
La DOPPIETTA
住所/静岡県熱海市銀座町10-19
営業時間/10:00~18:00
定休日/不定休
アクセス/JR「熱海」駅から徒歩で約15分
駐車場/なし
「La DOPPIETTA」の詳細はこちら
いちごBonBonBerry ATAMI HOUSE.
ビルがまるごと「いちごスイーツ」の専門店!
いちごBonBonBerry ATAMI HOUSE.イートインスペースではゆっくりとカフェメニューが楽しめます
温泉街でも目をひく1棟ビルのお店「いちごBonBonBerry ATAMI HOUSE.」。

そのコンセプトはなんと「いちごスイーツの夢のアトリエ」!
“おいしい”と“楽しい”であふれる場所になることを目指して、とっておきのいちごスイーツが提供。どのメニューも時期に合わせた厳選いちごが贅沢に使われているので、いつでも美味しいいちごスイーツを頂くことができます。

スイーツだけでなく、内装デザインもキュートで可愛らしいいちごの世界観が表現。入店しただけでテンションが上がるかも!
熱海に着いたらまずいちごスイーツをゲットして、それから街歩きをスタートするのはいかが?休憩がてらカフェスペースでパフェやドリンクをゆっくり楽しむのも◎ですよ。
いちごBonBonBerry ATAMI HOUSE.温泉まんじゅうといちごの絶妙なマッチングいちごBonBonBerry ATAMI HOUSE.一度食べたらやみつきになる、いちごのドリンクたち! いちごBonBonBerry ATAMI HOUSE.
住所/静岡県熱海市田原本町3-16
営業時間/10:00~18:00
定休日/なし
アクセス/JR「熱海」駅から徒歩約2分
駐車場/
「いちごBonBonBerry ATAMI HOUSE.」の詳細はこちら

※この記事は2019年8月時点での情報です
※掲載価格は全て税込価格です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

■消費税の税率変更に伴うお知らせ
2019年10月以降に係るお支払につきましては、施設利用時に現地にて税率変更による差額分のお支払いが発生する場合がございます。実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ