LINE AI使用の会話型カーナビ「LINEカーナビ」開始

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で知られる「LINE」は2019年9月5日、トヨタのカーナビ・エンジンを搭載し、LINEのAIアシスタント「Clova(クローバ)」により音声操作ができる無料カーナビアプリ「LINEカーナビ」の提供を開始したと発表した。

■商品概要「LINEカーナビ」は、単なるスマートフォン用のカーナビではなく、走行中でも声で操作が簡単にできる新しいタイプのカーナビアプリだ。

LINEがこれまで、AIアシスタント・スマートスピーカー「Clova(クローバ)」で蓄積した高精度の日本語音声認識、音声合成技術を活用した音声インターフェースと、豊富な走行データをもとに最適な情報を提供するトヨタのハイブリッド・ナビエンジンを連携させた会話型のAIカーナビだ。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});AIアシスタントと同等の対話機能を備えているため、走行中でも安全・便利にカーナビ機能と、スマートフォンを通じたコンシェルジュ・サービスを使用できるのが最大の特長。

起動ワードは「ねぇClova」。「ねぇClova、新宿駅に行きたい」などと話しかけて目的地設定をできるなどのカーナビ操作に加え、音楽再生、家電操作といったAIアシスタント「Clova」で提供しているサービスを、「ねぇClova、ドライブに合う曲かけて」、「ねぇClova、リビングのエアコンつけて」などと話しかけるだけ多様なサービスを実現するコンシェルジュ機能も備えている。

そして、運転中にLINEで連絡を取りたいときも、「ねぇClova、LINE送って」などと話しかけ、スマートフォンの画面を見ることなくLINEメッセージを送信したり、受信したメッセージを聞いたりすることもできる。

加えて、走行中に急に寄り道をしたくなった場合でも、クルマを停止することなく「ねぇClova、近くのコンビニ教えて」などと目的地の再設定なども可能だ。

また、トヨタのハイブリッド・ナビエンジンを搭載しているため、豊富な走行データによる走りやすい道案内や、高精度な到着時刻予測を実現するなども実現。渋滞情報も実際の走行データから取得、リアルタイムで提供し、最適なルートを再探索することもでき、細い道に案内されて困ったといった、ドライブ中のトラブルも防いでいる。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});「LINEカーナビ」の利用は無料。しかも地図情報は最速、最頻度で自動更新され、クルマや車載機の種類を問わず、データの更新費用も不要となる。そして、アプリ単体での使用のほかに、SDL(Smart Device Link)対応アプリとして車載機(ディスプレイ・オーディオ)に接続して使用することも可能になる。

ディスプレイ・オーディオの対応車種や提供開始日などの詳細は後日発表される。

また「LINEカーナビ」は今後もさらに機能を拡張するなどアップデートを行なうとしている。今後、LINE無料通話機能や利用傾向によってルート案内をパーソナライズする機能や、駐車場との情報連携機能などが追加予定とされている。さらに、LINE、トヨタの両者が有するビッグデータや技術によって、さらに高精度な到着時刻予測、最適なルート案内などを目指す。

将来的には「LINE」上での店の検索から、予約、行く、決済する、といった移動の流れを最適化させるMaaSへの取り組みにも発展させる計画だという。

なお、LINEカーナビアプリは、スマートフォン用はApple iOS 11.0以降、Android 5.0以降に対応し、車載専用OSのSDLにも対応している。なおLINEカーナビアプリは、APPストア、Googleストアからダウンロードできる。

LINEカーナビ 公式サイトLINE 公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ