田中美里と田中美佐子が涙の対峙!妻と愛する女の狭間で遠藤憲一は…『それぞれの断崖』第6話

遠藤憲一が主演を務めるオトナの土ドラ『それぞれの断崖』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第6話が9月7日に放送。先週放送の第5話では、遠藤演じる“被害者の父”志方恭一郎と、田中美里演じる“加害者の母”八巻はつみの不倫が発覚。第6話では、はつみと、田中美佐子演じる志方の妻・雪子がいよいよ対峙する。

社会派ミステリーの名手として知られる小杉健治の同名小説が原作の本ドラマは、志方の中学生の息子が13歳の同級生に殺害されたことをきっかけに、崩壊する家族とその再生を描く社会派人間ドラマ。

はつみと一線を越えてしまった志方は、不倫現場を妻の雪子や娘に目撃されてしまう。そして、第6話の冒頭では、ついに雪子とはつみが対面。志方家を訪れたはつみが、雪子に土下座して謝罪する姿が描かれる。

このシーンの撮影に際して、遠藤と田中美里、田中美佐子の3人から「どんな気持ちでこの台詞を言えばいいのかわからない」「この台詞は、こういう言い方に変えたい」などの意見が噴出。撮影前に監督を交えて、真剣な話し合いが行われた。

話し合いが終わると、それぞれの位置関係を確認。テーブルを挟んでソファに対面するように座る田中美里と田中美佐子。遠藤は、2人とは少し離れたダイニングテーブルの椅子に座り、その行く末を見守る。

そして、リハーサルでは、涙を流しながら迫真の演技を見せる“W田中”。あえて怒りを抑えたかのような静かな口調でしゃべる雪子や、肩を震わせて泣きながら土下座をするはつみなど、2人の熱のこもった演技は必見だ。

最終回まで残すところあと3回。第6話では、雪子とはつみの対面という最大の修羅場の末に、志方家は崩壊。さらに、はつみも恭一郎の前から姿を消してしまう。その後、息子の一周忌をきっかけに、はつみを捜し出した恭一郎は、「一緒に生きていこう」と懇願。ところが、はつみから浴びせられたのは「あなたは自分の息子を殺した人間と一緒に暮らせるんですか?」という言葉だった。

雪子、はつみ、そして志方は、どんな選択をしていくのか。クライマックスに向けて怒濤の展開が続いていく。

<第6話あらすじ>
志方(遠藤)の前で、ついにはつみ(田中美里)と雪子(田中美佐子)が対峙する。心から謝罪するはつみだったが、雪子は「一生罪を背負って苦しんで下さい」と突き放す。雪子は娘を連れて実家へ帰り、志方は1人になった。もはや何もかも取り返しがつかない。そんな中、志方は新プロジェクトの担当に抜擢され新潟に赴任することに。はつみに連絡するが、電話は着信拒否となっていて、店ももう辞めたと知らされる。志方は傷心のまま単身新潟に旅立ち……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ