目からウロコ! スイカにまつわるスーパーの裏話と主婦心理【パパン奮闘記 ~娘が嫁にいくまでは~ 第57話】

夏休みも終わり、秋を感じる季節になりましたね。

我が家の好物であるスイカもそろそろ店頭から姿を消し始めました。

本日はそんなスイカから学ぶ、スーパーの果物や野菜の流通の裏話を描いてみました。

我が家はフルーツ嫌いの次男を除いて皆スイカ好き。

今年の夏も沢山いただきましたがそろそろ食べ納めのようです。


先日、パパンがスーパーに行った時は見かけなかったのに何故?


つまり、可燃ごみの日の前日はスイカがよく売れるそうなのです。


確かにスイカを食べると大量に生ゴミが出ますからね。

たまにしか家事をしないパパンには気づかないスーパーの裏話に目からウロコ。

最近では“食べ切れない”、“冷蔵庫に入らない”、“生ゴミが多い”などの理由で小ぶりなスイカが売れ筋なのもうなずけます。


スイカの皮を腐らせないように冷凍庫で保管するのは我が家だけでは無いはず…!

冷凍庫のスペースを取るので厄介ですが、これが見れなくなると夏の終わりを感じ、ちょっぴり寂しい気持ちになる私です。
(柏原昇店)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ