23才になった「おジャ魔女どれみ」が登場! 新作『おジャ魔女どれみ20’s』のビジュアルが公開 / 舞台は2013年頃? 早くもアニメ化切望の声続出



90年代~00年代にかけ魔法少女モノを語るのに欠かせない『おジャ魔女どれみ』シリーズ! この2019年に20周年を迎え、YouTubeで新作ショートアニメが公開されたり、さまざまなイベントが企画されている。

そんなアニバーサリーな年にどれみ達の大人になった姿が公開! 新たな作品として登場することが発表された。その名も『おジャ魔女どれみ20’s』である。

・20代のMAHO堂メンバー / 舞台は2013年頃?
『おジャ魔女どれみ20’s』』、23才になったMAHO堂魔女見習いメンバー達の物語。10月2日に講談社ラノベ文庫から刊行予定だ。23才……? メインキャラのほとんどは1990~91年生まれなので、リアルタイムでは29才のはず。20周年なので、20年分、年齢を重ねたどれみ達のお話になるかと思ったら、どうやら違うようだ。

あらすじを見てみると。「ロンドン五輪の夢やぶれて再びリオ五輪を目指すあいこ」という記載がある。ロンドン五輪は2012年で、リオ五輪は2016年なので、彼女たちの年齢を考慮しても舞台は2013年頃であるらしい。

・リアルな物語に期待
『おジャ魔女』シリーズは、アニメ放送時も不登校問題を取り上げるなど、子供たちのリアルに迫ったストーリー作りが話題となっており、小学生だけでなく、その親、そして目の肥えたアニメファンの心もつかんだものだ。

アニメ終了後も、その後がライトノベル化されており高校卒業の『おジャ魔女どれみ19』で完結。したはずなのに、なぜいま23才の彼女たちを描くのだろう。

20代、とくに多くの人が社会に出る23才という年齢は人生のターニングポイントの1つとも言える。がむしゃらに夢を追う10代~学生時代の終わりから、その後の生き方を決める20代中盤へ。さらなるステップアップをする人もいれば、実力と夢とのギャップを知り挫折を味わう時期でもある。

どれみは臨時教師、はづきはパリでヴァイオリン修行、オリンピックを目指すあいこに、舞台女優のおんぷ、スイーツ修行中のももこ……この情報だけで彼女らの葛藤が目に見えるよう! 今回もおジャ魔女世代にリアルな物語を見せてくれそうだ。

・早くもアニメ化切望の声!
ストーリーも気になるが、20代になったどれみたちに魔法がどう絡んでいくかも気になる! 今回はノベル化だが、ネット上でははやくもアニメ化を望む声が出ている。たしかに大人になったどれみ達の動く姿が見たい! 東映さん、ぜひご検討お願いします!!

参照元:Twitter @K_lanove_bunko
執筆:沢井メグ

この記事の動画を見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ