キスマイ横尾渉、アイドルらしからぬ下ネタ発言にざわつき「これやばいって!(笑)」

dwango.jp news

2019/9/6 13:06


Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーが、子どもたちとあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。本日配信された第31話は「レストラン キスマイル」、「美男子ポーズまで3秒前」、「22世紀の新・罰ゲーム審議会」の三本立て。



今回の配信ではナビゲーターとして藤ヶ谷太輔が冒頭のナレーションを担当。メンバーならではの親しみのあるコメントで、番組を盛り上げる。

今回からの新企画「レストラン キスマイル」では、子どもたちを笑顔にすべく、キスマイメンバーがシェフに扮して大喜利に挑戦、藤ヶ谷はレストランの店長としてMCを担当する。

記念すべき最初のお題は「地球を侵略しに来た宇宙人がなんか弱そう。どんな一声だった?」というもの。挙手制でスタートした大喜利、最初の回答者は横尾渉。「一発目だもんね!」と子どもたちの様子を窺うように「オラ宇宙人」と回答するも、子どもたちの反応はノースマイル。

続く宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永も横尾と同様に子どもたちを笑わせることが出来ず撃沈。メンバーは「心折れそうになる」と呟きながら、身振り手振りを使ったり、イラストを使ったりと、子どもたちを笑顔にしようと試行錯誤する。

そんな中、横尾が放ったある回答に「これやばいって!(笑)」とメンバー一同ざわつく場面が。なんと横尾はアイドルとは思えないド直球の下ネタ回答を披露したのだった。横尾渾身の回答は子どもたちを笑顔にすることが出来るのだろうか?

続いての企画は「美男子ポーズまで3秒前」。今回ポーズを取るよう指名されたのは玉森裕太と横尾。しかし、2人の取ったポーズに、監督役の女の子が「もう全然ダメ!帰っていい?」と激怒してしまうハプニングが発生…。2人が取ったポーズは果たしてどのようなポーズなのか、本編で確かめていただきたい。

そして最後の企画は「22世紀の新・罰ゲーム審議会」。今回は藤ヶ谷が、11歳の男の子が考案した「サランラップを顔で破る」という罰ゲームに挑戦する。

「これ勢いが大事だよね!」とやる気十分の様子の藤ヶ谷。そんな藤ヶ谷の様子をメンバーは「なかなか見れないよ!これは楽しみだな!」と見守る。果たしてこの藤ヶ谷はこの罰ゲームにどのようなジャッジを下すのだろうか。

(C)エイベックス通信放送/ジャニーズ事務所

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ