ソフトバンク、「2年縛り」を廃止した新料金プランを発表


ソフトバンクは9月6日、契約期間や契約解除料をなくした新料金プランを発表しました。毎月の基本料金をベースに、データ定額サービスの容量や通話定額オプションの有無などを選んでいくシンプルで分かりやすい内容となりました。スマートフォンやケータイ、タブレットなどで異なっていた基本料金も統一します。新プランの受付開始は9月13日で、従来の料金プランは9月12日に新規の受け付けを終了します。

基本料金は月額980円(価格は税別、以下同)で、この金額はスマートフォンやケータイ、タブレット、モバイルWi-Fiルーターで共通。

通話料金は、同一家族割引グループ内の国内通話は24時間無料で、それ以外の国内通話は20円/30秒の従量課金となります。国内通話が24時間無料になる「定額オプション」(月額1,500円)や、1回5分以内の国内通話が無料になる「準定額オプション」(月額500円)を加えることで、家族以外との通話も無料になります。

データ定額サービスは、50GBの通信が可能な「データプラン50GB+」(月額6,500円)や、0~50GBまで4段階の「データプランミニ」(月額3,000~7,500円)、1GBの「データプラン1GB」(月額1,500円)などを用意します。このうち、「データプラン50GB+」のみ対象の動画サービスやSNSは使い放題となります。

どのプランも、テザリングの利用は有料オプション「テザリングオプション」(月額500円)の契約が必要です。

新規契約または機種変更時に1年間適用される「1年おトク割」などの割引を含んだ料金のイメージは以下の通りとなります。

従来の料金プランは9月12日に新規の受け付けを終了しますが、契約している人はそのまま使い続けられます。従来プランから新料金プランへ変更する場合、利用期間にかかわらず契約解除料はかからないとのことです。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ