NMB48の小嶋花梨、相次ぐメンバー卒業も「パワーアップしていけたら」と意欲


NMB48の川上千尋、渋谷凪咲、小嶋花梨、東由樹が5日、東京・秋葉原の書泉ブックタワーでフォトブック『NMB48 近畿十番勝負 2019 PHOTOBOOK』(発売中 1,850円税抜 東京ニュース通信社刊)の発売記念イベントを行った。

NMB48の最新フォトブックとなる本書は、今年1月からスタートした新チーム体制として初めてのツアー『NMB48 近畿十番勝負 2019』の10公演に完全密着したもの。チームN、チームM、チームBII、研究生の4チームに分かれて各会場で盛り上げたライブの様子を余すところなく写真で紹介するとともに、オフショットの撮影をメンバーの東由樹が担当するなど、彼女たちの素顔も掲載されている。

この日はチームNの川上千尋、チームMの渋谷凪咲、チームBⅡの小嶋花梨というそれぞれのチームのキャプテンと、オフショットを担当した東由樹が報道陣の取材に対応した。NMB48のキャプテンでもある小嶋が「今回はNMB48の第2章が始まって初めてのチームツアーの写真がたくさん詰まったフォトブックとなっていて、始まったばかりなのでメンバーのぎこちない姿だったりとかが見えたりします。今回は東さんが全チームをカメラで回って写真を撮っているので、東さんにしか撮れない表情もあってギュッと詰まった1冊ですよ」とフォトブックを紹介。チームMのキャプテンを務めている渋谷は「普段の私たちのアイドルとして本気でやっている姿をtたくさんの方に見ていただきたいです。いい意味で期待を裏切るような躍動感のある写真があると思うので、この1冊の本を手にとってNMB48に興味を持っていただけたら嬉しいですね」とアピールした。

NMB48は、イベント前日にNHKホールで行われた全国ツアーの初日公演で太田夢莉が卒業を発表するなど、メンバーの卒業が相次いでいる。太田と同じチームNの川上は「夢莉さんはチームNのセンター。不安という部分はありますが、逆にそれをチーム全体がいい方向に変えられるように若手の子たちにはチャンスだと思ってもらえるようなチームになれたらと思っています」と前向きで、小嶋も「卒業していく先輩方が『任せても大丈夫』と思えるチーム作りをしてきたいです。結成10周年で京セラドームを目指しているので、これからもパワーアップしていけたらと思っています」と意欲を見せていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ