スズキ スマートバリュー&丸紅とカーシェアリングサービスの実証実験

スズキは2019年9月3日、スマートバリュー(本社:大阪府大阪市)、丸紅(本社:東京都中央区)の3社で、大阪府豊中市において、スズキ4輪代理店の駐車場とシェアリングサービスに用いられる駐車場を活用した、郊外型カーシェアリングサービスの実証実験に関する契約を締結したと発表した。

■実証実験内容この実証実験では、郊外住宅地における自宅近くの日常生活用途をターゲットに、気軽に乗れるスズキのコンパクトカーを使ったカーシェアリングサービスを提供し、同時にスズキ自販近畿・アリーナ豊中にもカーシェアリングサービスを導入することでユーザーへのサービス向上を図ることを目指している。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});

今回実施する実証実験の内容は、スマートバリューが開発した、クルマのサービス化を推進するプラットフォーム「Kuruma Base」を活用し、シェアリングサービスの構築と利用情報の共有を行なう。この「Kuruma Base」は、スマートバリューが開発した「クルマのサービス化」事業を行なう事業者向けのプラットフォームで、月額料金で提供するサービスだ。

クルマに接続する専用端末、クラウド上の管理コンソール、利用者向けスマートフォンアプリ、そして運用サポートサービスで構成される。「Kuruma Base」では、クルマのサービス化を実現する時に、重要なポイントとなる鍵の受け渡しがあり、そこではバーチャルキーを採用して車両のシェアリングを実現する。バーチャルキーを実装することにより、「任意の許可された相手だけに、許可された時間のみ」車両の鍵の権限を与えることができるのだ。

またスズキは、同社の4輪代理店周辺地域のシェアリング駐車場、スズキ4輪代理店へカーシェアリング用車両を配置する。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});今回の実証実験を通し、スマートバリューは自社サービス「Kuruma Base」の認知を高めるとともに、カーシェアリング事業のニーズを調査する。スズキは「Kuruma Base」から得られる利用情報を分析することで、カーシェアリングサービスに関するノウハウ・知見の蓄積や潜在顧客の発掘など、将来事業展開におけるカーシェアリングサービスの検証を行なう。

また丸紅は、「CASE」分野における取り組みの一つとして、カーシェアリングサービスの知見を蓄積することで、自動車産業が変革しシェアリングエコノミーが進展する社会において、新たなビジネスの可能性を追求する。この実証実験は大阪府・豊中市エリアで行なわれ、開始時期は2019年秋を予定しており、約1年間継続される。

スマートバリュー 公式サイト丸紅 公式サイト

スズキ 関連情報スズキ 公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ