モトローラ、4カメラのAndroid Oneスマホ「motorola one zoom」 - IFA 2019


レノボは9月5日(現地時間)、独ベルリンで開催のIFA 2019に合わせて発表会を開催。その中で、レノボ傘下のMotorola MobilityがAndroid搭載スマートフォンの新製品として、新興国向けの安価な「moto e6 plus」と、4つのカメラを搭載する「motorola one zoom」を発表しました。日本での発売はアナウンスされていませんが、特にmotorola one zoomは日本でも十分な競争力がありそうな製品です。

motorola one zoomは、6.4インチMax Vision OLEDディスプレイを搭載したスマートフォン。アスペクト比は19:9と縦長で、解像度はフルHD+(2,340×1,080ドット)、画面占有率は85%と、十分な広さです。

SoCはSnapdragon 675、メモリは4GB、ストレージは128GB、「2日間持つ」という4,000mAhの大容量バッテリーを搭載します。生体認証として、ディスプレイ内指紋センサーを備えています。OSはAndroid 9(Pie)です。

Android Oneの製品のため、ほとんど素のAndroid OSです。もともと新興国向けのプラットフォームなのですが、日本でもAndroid One製品が投入されているとおり、ミドルクラスとして十分な性能があります。

特にカメラは、標準、望遠、超広角という3つのカメラに加え、深度測定用のカメラを搭載。4つのカメラが正方形に並ぶ形状となっています。メインとなる標準カメラは、4,800万画素のセンサーを採用し、4つのピクセルを1つの画素として使うクアッドピクセル技術によって、暗所に強くダイナミックレンジの広い撮影を可能にしています。レンズのF値はF1.7、位相差AFに対応するほか、光学式手ブレ補正も備えています。

標準レンズに対して3倍の画角となる望遠カメラは、800万画素センサーを搭載。こちらも光学式手ブレ補正を備えます。117度という超広角の画角を持つ広角カメラは、1,600万画素となっています。深度カメラは500万画素です。

カメラを切り替えることで、疑似的な光学ズームを実現するほか、デジタルズームを活用して最大10倍まで拡大することができます。深度カメラによって被写体との距離を正確に測定でき、背景を疑似的にぼかす背景ボケもよりリアルに制御します。

AIによるシーン認識によって、被写体に応じて最適な設定を適用してくれます。夜景や食事など、シーンに応じてきれいに撮影してくれる、としています。

インカメラは2,500万画素のセンサーを搭載し、こちらもクアッドピクセル技術を使うことで、コントラスト比が高いシーンでも白トビなどを抑えて自撮りができます。夜景との自撮りでも威力を発揮しそうです。

発売は9月5日からブラジル、メキシコ、アルゼンチンなどの南米の国で、9月6日からは欧州で発売されます。価格は429ユーロ。米国でも9月5日から発売され、価格は449.99ドルとなっています。

カメラ機能を重視して4つのカメラを搭載しながら、5万円程度と比較的購入しやすい価格帯を実現したmotorola one zoom。Android Oneなので最新のOSアップデートも入手しやすく、日本でも十分競争力のある製品だと感じました。

もう1機種のmoto e6 plusは、139ユーロと安価な新興国向けのスマートフォンです。6.1インチのMax Vision OLEDディスプレイを採用。SoCはMediaTek Helio P22、メモリは2GB/4GB、ストレージは32GB/64GB、指紋センサーも備えています。

moto eシリーズとして初めてデュアルカメラを搭載しているのが特徴で、安価ながらよりカメラを活用したい若者などに適していそうです。こちらは日本では既存製品とバッティングしそうなので、販売は難しいかもしれません。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ