ロバート秋山が新感覚の映像を紹介「みかじめ料は頂きたい(笑)」


お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次がMCを務める読売テレビ・日本テレビ系単発バラエティ番組『映像ビックリエイター』が、12日(23:59~)に放送される。

この番組は、新進気鋭のクリエイターたちが作った新感覚の映像作品を、“クリエイターたちのドン”になりきった秋山が紹介していくもの。ゲストのEXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹、ゆきぽよが見守る。

トップモーションの新鋭・PECOや、日本を代表するコマドリスト・竹内泰人はテレビでは見たことのない、従来の演出とは一線を画したミネラルウォーターのCMを制作。個性的キャラクター&摩訶不思議な世界観のアニメが得意な谷口崇は、映画館で流れる鑑賞マナー映像に挑戦。

さらに、360度の仮想現実の世界に絵を描くVRアーティストのせきぐちあいみ、怪獣映画監督の井上森人らが続々と紹介され、井上は新婚で格闘家の卜部弘嵩選手&高橋ユウ夫妻をモデルに結婚式で流れる新郎新婦の映像を作る。定番の披露宴VTRとは一味も二味も違う、斬新かつ心温まる映像に、高橋は感動の涙を見せる。

収録を終えた佐藤は「自分もよくSNS、動画サイトで若者のクリエイティブなおもしろ動画を漁るタイプなんですけど、それでも見たことない人や、昔から知っている人が出てきて、本当におもしろかったです。今後、アーティストとしての活動に活かせるものもたくさんあったので、楽しかったです」、ゆきぽよは「日本の若者がこんなおもしろいものを作るってことは将来の日本のエンタテインメントはもっとすごいことになるんじゃないかなって…。メチャメチャ楽しみだなと思います」と感想。

秋山は「(世界のクリエイターのドンとして)みんなが自由にやってくれていて、安心しました(笑)。世の中に負けちゃって、自分たちがやっていることはウケないだろって自粛せずに好きなものを発信しているから、これからのクリエイターたちはもっともっと上に行けるんじゃないかなって僕は思います。だから若手は僕に1回話を通してほしい(笑)。みかじめ料みたいなものは頂きたいですね(笑)」と語る。

秋山のアイデアが降りてくるのは「だいたい喫茶ルノアールにいる時ですね(笑)。ほとんど喫茶店ですかね。喫茶店があるからアイデアが生まれる。長居できる純喫茶は大事ですね」だといい、今後の“クリエイターズ・ファイル”の構想を聞くと「いろいろ、まだパターンがいっぱいありますので…。1回、妖怪をやっちゃったんでね(笑)。自分が現場に行かなくてイイ、絵だけの時があった(笑)。喰らう人(くらうど)って妖怪をやったんですけど、ただただ手抜きしたくて…(笑)。そういうパターンもあるので、まだ続けられますよね」と話していた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ