『魔術士オーフェンはぐれ旅』、水野麻里絵&渕上舞のコメントを紹介


シリーズ生誕25周年を迎え、2020年に満を持して完全新作TVアニメとして蘇る『魔術士オーフェンはぐれ旅』より、オーフェンとともに旅をする仲間であるボルカンとドーチンを演じる水野麻里絵と渕上舞から寄せられた作品やキャラクターへのコメントが公開された。
○●TVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅』、水野麻里絵&渕上舞のコメント

■ボルカン役:水野麻里絵のコメント
声優というお仕事をまだ知らない頃に観ていた作品に、今こうして声優として関われるなんて…こんな素敵なことってあるんだ!と感動しています。
ボルカンは、いつもオーフェン達や弟のドーチンに面倒事ばかりもってくる問題児です(笑)しかしどんな時でも全く変わらないところが彼の魅力の一つだと思います。
ファンの皆さん!初めましての皆さん!一緒に楽しみまくりで盛り上がりし殺すぞー!(笑)
宜しくお願いします!

■ドーチン役:渕上舞のコメント
大きなぐるぐるメガネが印象的なドーチン。
猪突猛進な兄・ボルカンと共に、オーフェンの行く先々に現れるコミカル部隊です!
シリアスな展開も多い中、彼らの登場シーンはクスリと笑える場面が多くて。ある意味オアシス的な存在なのではないかと思っています(笑)
個人的にも久しぶりの男の子役ということで気合いも十分!お楽しみに!

TVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅』は2020年1月より放送開始予定。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)秋田禎信・草河遊也・TOブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ