田村淳がマスコミ取材陣に苦言 「酷すぎる」「これはマスゴミ」

しらべぇ

2019/9/6 06:45




仕事の場では何百何千と取材やインタビューを経験してきた芸能人といえど、プライベートはしっかりと存在する。誰にも侵されたくない個人の空間へは、気安く立ち入るべきではないだろう。

■連日の取材


5日夜、ロンドンブーツ1号2号の田村淳は自身のツイッターを更新。「最近自宅に直接取材に来られるかたが多いのですが…本当にやめて頂きたい」と、マスコミへ苦言を呈している。

文字数制限のあるツイッターでコツコツと発信しても埒が明かないと判断したのか、淳は思いの丈を綴ったメモ帳のスクショを合わせて投稿。

「本当は伝える予定ではなかった」「憶測で真実でないことが報道されるのは嫌なので、自分の口から伝えます」と前置きし、昨年3月に慶應義塾大学の通信課程を退学したことを明かした。




関連記事:喫茶店でマスコミからノーギャラ取材 お茶代の会計も支払わされる

■イレギュラーな形だが…


退学後は再受験し、同大学の大学院に通っている淳。自分の目標にあったことを学ぶために選択した道にも関わらず、「なぜ大卒じゃないのに院に?」という取材が連日押し寄せているという。

マスコミの対応に関しては「事務所を通して依頼して頂ければ、しっかり対応させて頂きます」「携帯電話に直接かけてきたり、手紙を投函したり自宅に来るのは勘弁して頂きたいです」と、しっかり釘を刺していた。

■「これはマスゴミ」と非難の声


淳のツイートを受け、無遠慮なマスコミの態度に怒りを覚えた人が多いようだ。リプライ欄に寄せられた声を見ると…

「プライベートな時間に土足で踏み込むのは間違ってる」


「これは擁護できないレベルでマスゴミだわ」


「言論の自由とはいえ、マスコミのこういう行動は酷すぎ」


といった意見が相次いでいる。

■「有名税」に納得している人は…


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,348名を対象に「芸能人のゴシップ」について調査したところ、51.0%が「秘密を暴かれるのは有名税だから仕方ない」と回答している。

性年代別の回答を見ると、男女共に年齢が上がるにつれ「有名税だから」という考え方が強まっていくようだ。



淳のツイートを切っ掛けに、マスコミの無茶な取材が少しでも減ってほしい。

・合わせて読みたい→田村淳、2歳娘の歌に「身に染みる…」と感傷 亮へのメッセージと受け取るファンも

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ