野村周平、生放送出演後の反響に「『なめんな!』って話ですよ」

 俳優の野村周平、優希美青、伊藤ゆみ(旧ICONIQ)、星田英利(旧ほっしゃん。)、ANARCHY監督が5日、都内で開催された映画『WALKING MAN』完成披露上映会に登壇。野村はニューヨークでの留学生活について語ったほか、予期せぬ形でツイッターのトレンドになってしまったことについて「『なめんな!』って話ですよ」とぶちまけた。

【写真】「なめんな!」と気持ちをぶちまけた野村周平

本作は、不幸と貧困に苦しみながらも、ラップと出会ったことによって歩き出す勇気をもらう主人公・アトム(野村)の姿を描く。プロモーションのため、アメリカ・ニューヨークでの留学から緊急帰国した野村は、6月から始めた留学生活について「楽しいですね。やっぱり日本と違って、いる人たちも当然、日本人じゃないので。そこでいろいろな文化に触れて、新たに成長しているかなという感じですね」と笑顔で報告。

アトムの妹・ウランを演じた優希は、野村について、「周平くんは普段、すごい元気で。やかましいくらい話す人(笑)」としつつ「今回、内気であまり喋らない役だったので、喋らないことが嫌だったのか分からないですけど、段取りとかで、台本に書いてあるセリフが終わった後に、アドリブを急にぶっこんできたり」と撮影を回想。「それが役としてというよりは、野村周平として、ぶっ飛んだアドリブをぶっこんできたりとかして。現場のスタッフさんとかも、笑ってそれを聞いていて、和んでたなって思います」と笑顔で明かした。

その後、劇中曲にちなんで「なめんな!」と感じた最近のエピソードを聞かれた野村は、数日前に生放送番組へ出演後、自分がツイッターのトレンドになったことに言及し「俺、けっこう良いこととか言ったかなあと思ったら、生放送での態度が悪くてトレンドになってるんですよ! おかしいでしょ! めっちゃ真剣に見てたんですよ!」と主張。真剣な顔が「不機嫌に見えたんでしょう」と分析しつつ「『寝起き感すごい』とか。メイクさんに謝れ!みたいな。『なめんな!』って話ですよ。生放送もしんどいねん!」と思いの丈をぶちまけ、会場を沸かせていた。

映画『WALKING MAN』は10月11日より公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ