どうしてそうなった!?40代独女が頭を抱えた「男性からの”ありえない”プレゼント」

OTONA SALONE

2019/9/5 22:00



男性からのプレゼントは、感謝もするし何を選んでくれたのかドキドキしますよね。

が、中には「これ!?」とびっくりするものを贈られた40代独女もいます。

男性の気持ちはうれしいけれど、正直にいうと持て余すし今後のお付き合いも考えてしまいます。

40代独女が思わず頭を抱えた「男性からのプレゼント」には、どんなものがあったのでしょうか。

ドヤ顔で・・・自分の古着!?


「ジムで仲良くなった男性がいて、ウェアとかブランドのものを着ていてセンスがいいなと思っていました。

以前、『そのデザイン、ネットで見て私も買おうと思ったのですが、サイズが売り切れていて』って男性が着ているウェアについて話したことがあったのですが、それから半年ほど経って

『これ、前にほしいって言ってたよね』

と、突然それをプレゼントされました。

お礼を言って受け取ったけど、見てみたらだいぶ着古していてロゴがかすれていたり生地が傷んでいたり、とても着たいとは思えなくて。

あのとき『サイズがなくて』と言ったはずだけど、この人のだから大きすぎるし……。

ドヤ顔で古着を贈られても、ただ着なくなったからあげるって感じで悲しかったですね。

とりあえずお返しにはジュースを渡したけど、それ以来距離を置いています」(39歳/サービス)

★ 男性の中では、なぜか「この人が自分のウェアをほしがっている」と間違った認識があったのかもしれませんね。

贈ってあげようとする気持ちはうれしいけれど、だからといって着古してボロボロになったウェアをもらっても、ありがたいとは思えないもの。

そういう状態のものを女性にプレゼントできるところに大きな違和感を覚えたこちらの女性は、この一件から「勘違いされたくない」と男性を褒めることをやめたそうです。

それ、ただのノベルティじゃん・・・


「もらってびっくりしたプレゼントといえば、誕生日に仲のいい男友達が用意してくれたバッグ。

バッグそのものは可愛らしい猫柄で私が猫好きなことを知っていて贈ってくれたのだろうけど、それは量販店で誰でももらえるノベルティで。

一応ラッピングみたいなものをしてくれていたけど、嫌だったのは『わざわざお前のために用意した』って雰囲気を出してノベルティであることを隠す態度。

なんだか『これでいいや』で済まされた感じがして、それならさらっと『これ、お店でもらったけど好きそうだから』って渡してくれるほうが何倍もうれしかったです。

お礼する気も失せて何もお返しはしなかったのですが、渡された側の気持ちって考えないのかなぁ」(41歳/ライター)

★ これは筆者のエピソードです。いただいたバッグはしまってありますとも、ええ。

贈ろうとしてくれる気持ちはありがたいのですが、誰でももらえるノベルティだと本当のことを言わない点にがっかりでした。

それだと失礼かもと思ったのかもしれませんが、いずれバレたときのことは考えなかったのか……。

この男友達とは今でも仲良くしていますが、別の女性に同じことをしそうになったら全力で止めようと思っています。

【番外編】「何でも買っていいよ」って、予算は1,000円!?


「年下の男性とお付き合いしていたときの話です。

私の誕生日は彼が食事をおごってくれて、それだけで本当にうれしかったのですが別の日に『プレゼントも』って雑貨屋さんに連れていってくれて。

『何でも買っていいよ』と言われてさすがにそれは、と言おうとしたら

『予算は1,000円くらいで』

と続いてびっくり。

それ、”何でも”じゃないし……と思いながら、『あなたに選んでほしい』と伝えました。

結局、買ってくれたのは可愛いストラップで気持ちは本当にありがたいのですが、何にモヤモヤするのか考えたら『プレゼントは食事のオマケ』みたいな扱いだったこと。

彼は『年上の彼女を喜ばせた自分』に満足しているみたいだったけど、見栄を張りたがる彼とはそれからもいろんな場所で衝突しましたね……」(35歳/総務)

★ 愛する彼女の誕生日に、食事も、プレゼントも、と張り切ってくれるのは確かにうれしいし、感謝しますよね。

ですが、プレゼントを「選んでもらおうとしながらあまりに低すぎる予算の設定」は、贈ることに価値を感じてくれているとは思えません。

金額の少ないことではなく、彼が自己満足のために贈ろうとしていることが彼女にとってはストレスでした。

結局ケンカが続いて別れたそうですが、これも価値観の違いなのかなと思います。

男性からのびっくりするプレゼントは、どれも贈られる女性の気持ちを無視したもの。

用意してくれるのはありがたいと思うけれど、心がこもっていないことがわかれば喜びも半減します。

「いらない」とは言えないし、男性の”本音”が透けて見えればそれからも親しくしたいとは思えないですよね。

プレゼントには相手の本心が隠されている、ともいえます。

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ