列車に乗っていた乗客のリュックから煙 モバイルバッテリーの危険性とは

しらべぇ

2019/9/5 20:30

(turk_stock_photographer/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
通勤・通学の電車内で、思わぬ事故が発生。しらべぇ取材班は、状況・原因を探るべく、福岡市消防局、西鉄本社を直撃した。

■乗客のリュックから煙が…


福岡市消防局や西鉄などによると、午後7時39分に西鉄天神大牟田線の高宮から西鉄平尾間(福岡市)を走行中の普通電車(筑紫発天神行き、4両編成)内で、「車内で煙がただよっている」という119番通報があった。

電車は西鉄平尾駅で停車し、リュックを持った男性がホームに出て、車掌が消火器で消火。消防局によると、消防車両3台(うち救急車1台)が出動したが、現場に到着したときには、鎮火していたという。

ホームにいた30代女性が消火器の消火剤を吸って気分が悪いと訴え、福岡市内の病院に搬送された。

また、警察によると、リュックは60代の男性乗客のもので、中にはモバイルバッテリーのほかコードレスのイヤホンなどが入っていたという。列車は午前7時56分頃運転を再開し、消防は午前8時59分に現場撤収した。


関連記事:いよいよ開始!「ポケモンGO」チームカラーのモバイルバッテリーをゲットだぜ

■モバイルバッテリーの危険性


消費者庁は、モバイルバッテリーに関する注意喚起を行っている。モバイルバッテリーは、スマートフォンやタブレット等を充電できる予備の電源として、近年急速に普及。

軽量でありながら高電圧かつ大電力なため、 多くの消費者にとって身近なものになっているが、取扱いを誤ると発熱によってやけどを負うこともあり、場合によっては事故につながることもあるという。

同庁には、モバイルバッテリーに関する事故情報が平成25年6月から令和元年6月末までに162件寄せられており、中には、公共交通機関の中で事故が起こり、運行が遅延したり、火災が発生したりする事例もあった。

■主な事故事例


消費者庁で把握している事故例には、以下のようなものがある。

「特急電車に乗っていたら、バッグの中で携帯電話の補助バッテリーが突然青っぽい火を噴き、バッグと電車の床のカーペットを焦がした。すぐに火は消えたが、電車は急停車し、近くの消防署が駆けつけた。


調査の結果、バッテリー内部から火が出たと 思われるとのことだった」


「新幹線の中でかばんに入れていたスマートフォンのモバイルバッテリーが破裂し、両足にやけどをした。


全治2週間と言われたが、1か月経過してもまだ治らず、通院中。モバイルバッテリーはスマートフォンにはつないでいなかった。新幹線が15分くらい止まったため、消防と警察が捜査した 」


「スマートフォン用のモバイルバッテリーを充電していたら、煙が出て発火した。指もやけどした」


それでは、このような事故をどうやって防いでいけばいいのだろうか。

■取り扱い注意点


消費者庁は具体的対策として、8つの方法を挙げている。

(1)リコール対象製品でないか、リコール情報を確認しましょう


(2)新規に購入する際は、PSEマークを必ず確認しましょう


(3)製品本体に強い衝撃、圧力を加えない、高温の環境に放置しないようにしま しょう


(4)充電中は周囲に可燃物を置かないようにしましょう


(5)膨らんでいる、熱くなっている、変な臭いがするなど、いつもと違って異常を感じたら使用を中止しましょう


(6)充電コネクタの破損や水ぬれに注意しましょう


(7)公共交通機関での事故を避けるため、持込規則を確認して、それに従いまし ょう


(8)使用済みモバイルバッテリーはリサイクルに出しましょう。やむを得ず廃棄する際には他の家庭ごみと区別して出しましょう


公共交通機関でのモバイルバッテリー事故は、大事故にも繋がりかねない。取り扱いには充分注意したいものだ。

・合わせて読みたい→事故で高齢者が車内に6時間取り残される事態に 消防は「救助できず遺憾」

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ