高橋健介&高野洸、テレ東と縁の深い2人が『サクセス荘』で新たな一面


●"天然記念物"ぶりを発揮
テレビ東京の木ドラ25枠で放送中の、『テレビ演劇 サクセス荘』(毎週木曜25:00~25:30)。都会の片隅にひっそりと佇む一軒のアパート「サクセス荘」を舞台に、俳優、漫画家、占い師、料理人など個性豊かな住人の物語を描く。2.5次元舞台のパイオニア・ネルケプランニングと、『おっさんずラブ』で注目を浴びた脚本家・徳尾浩司がタッグを組み、「リハは1度だけ」「本番一発勝負」の「テレビ演劇」という新たな形に挑戦している。

今話題の2.5次元舞台俳優として人気となっている和田雅成、高橋健介、高野洸、髙木俊、黒羽麻璃央、有澤樟太郎、荒牧慶彦、定本楓馬、玉城裕規、寺山武志(劇中部屋番号順)といった10名が出演しているが、今回は203号室・ミスター役の高橋と、204号室・ノブ役の高野にインタビュー。『ウルトラマンX』主演を務めていた高橋と、Dream5のメンバーとして人気アニメ『妖怪ウォッチ』EDを歌い、『おはスタ』にレギュラー出演していた高野という、テレビ東京とも縁の深い2人が、『サクセス荘』に抱く思いとは?

○■2.5次元界のTT兄弟?

高橋:高橋と高野、TT兄弟です!

高野:今日はTT兄弟で(笑)。

ーー先日、高野さんの出演されていたミュージカル『刀剣乱舞』 髭切膝丸 双騎出陣2019 ~SOGA~を取材したのですが、すごい舞台で。

高橋:そうですね、やっぱり僕も全力で……。

高野:健介くん、出てないです(笑)。

ーー高橋さんの出演されていた舞台『魍魎の匣』も面白かったです。演じられていた鳥口の「うへえ」が生で聞けるとは。

高橋:「うへえ」の扱いを頑張れと言われていました(笑)。そういえば、『魍魎の匣』で事件があったんです。僕が『双騎出陣』を見に行って、洸に「すっごい良かった。おつかれさま」と言ったら、「健介くんも”どくろのたくみ”おつかれさまです」と言われて……「どくろのたくみ? 『魍魎の匣』!?」「それです!」と(笑)。たしかに漢字の雰囲気は似てるんですけど。

高野:めちゃくちゃ似てますよ!

高橋:すごいんですよこの人。天然記念物だなと思いました。

ーーおふたりはテレビ東京さんとも縁が深いと思いますが、凱旋感などはありましたか?

高野:自分は『妖怪ウォッチ』の主題歌もやらせていただいていて、高校2年生の時には『おはスタ』に出演していたので、テレビ東京さんに通っていました。神保町でしたっけ?

ーー神谷町ですね。

高野:また間違えた!

高橋:”神”という漢字の雰囲気だけで言ってるでしょう(笑)。

高野:でも今回は撮影で行くことがなかったので、また行きたかったなあ。

高橋:僕は逆に、『ウルトラマンX』の主演をしていたときは直接テレ東さんに行くことがなかったので、新しい気持ちです。

高野:あの、バナナ……。

高橋:”ナナナ”ね(笑)。

高野:ナナナを触れたのもすごく嬉しかったです。

高橋:ナナナを見たときは、まるで芸能人の方にお会いする時のように、「テレビで見たことある!」と思いました。またテレビ東京さんでやらせていただけるのは嬉しいです。

ーー実際に放送を見られて、どのような感想を持ちましたか?

高野:自分の出ていない放送を見て、「すごい」と拍手してしまったんですけど、後から聞いたらセリフが飛んだ部分もあったみたいで。本当にわからなかったです。

高橋:良い意味でバラエティな感じがあるので、そこはちょっと大変だけど楽しいところですよね。

高野:放送を見て、本当に「チャンスなんだな」と思いました。テレビは日常に入り込んでいて、ありがたいし、大変だけどしっかり頑張りたいと思いました。

高橋:舞台の出演が多かったので、普通にテレビをつけて自分が映っているって、すごい。遠い親戚とかにも、見てもらいやすいです。

●頼りになるメンバー、引っかき回すメンバー
ーー深夜にも関わらず、SNSでも反響が大きいですよね。

高橋:もしかしたら全部洸の書き込みかもしれないですけどね。アカウントを変えて。

高野:だとしたらすごいですよ! 日本全国巻き込めるし、もうトレンド入りさせることを仕事にした方がいいじゃないですか(笑)。でも第1回には出てなかったのに、話題になっているのを見てちょっと誇らしかった。

高橋:「あれ、俺もやってるから!」みたいな(笑)。OPとEDには毎回全員出させてもらっていて、特にEDのダンスでは、洸がキレッキレで、「歌のお兄さんかな?」と思った。俺らは周りで踊ってる子供達くらいの差が出てる。

高野:そんなことはない(笑)。でも(黒羽)麻璃央くんと一緒に、笑いすぎたなってところが放送されちゃってました。

ーーメンバーのなかでこの人はすごい、頼りになるというのはどなたですか?

高野:みんな言うと思うけど、マサくん(和田雅成)。

高橋:ツッコミのポジションなので、こちらが自由にやっても回収してくれる安心感があります。

ーー逆に、この人はひっかきまわす、というのは。

高橋:誰もが玉ちゃん(玉城裕規)と言うんじゃないですか? 面白すぎて、耐えられないんですよ!(笑)みんな当て書きに近いので、玉城さんもあれが当て書きなのかな……? ノブは、洸って呼びたいくらい洸だよね。

高野:夢も俳優というところが一緒。健介くんはしっかり弁護士っぽいですよね。喋り方も知的な感じが出てる。松田(誠)さんも設定に入ってくださってるので、本人たちのキャラクターが反映されてます。

ーー原案・プロデュースの松田(誠)さんからは何かアドバイスなどあるんですか?

高野:キャラクターに対して、「もうちょっと、明るく話す感じかな」とか。

高橋:結構言ってくださるし、毎回収録にも来てくれるんですよ。とっても偉い方なんですけど、フランクに接してくださるので感謝しています。
○■紅白に出ていたと後から知った

ーーおふたりの初対面はどのような印象だったんですか?

高橋:「スタミュ」(ミュージカル「スタミュ」)の時かな。洸が紅白に出ていたと知らなくて。終盤に知って、「申し訳ない」と思いました。「洸さあ~」とか気軽に言ってたけど、芸歴が上でした。「ミスったな」と思って。「紅白に出た人です」と貼っておいて欲しいくらいです。

高野:そんなことしたら、本当にバカじゃないですか(笑)。僕はその頃、舞台作品に出るのも数本目だったんですが、健介くんは稽古場に1時間前からいるストイックな人だなと思っていました。

高橋:いるだけだから!(照れる) 洸は「スタミュ」の時から歌もダンスも素敵だったんですけど、普通の人間って、なだらかに成長していくのに、洸はギュン! って。もう、手の届かないくらいです。

高野:やめてくださいよ!(笑)

高橋:『双騎出陣』、本当にすごかったです。洸が何人もいるんじゃないかな? ってくらい。スタミナもすごくて、衝撃でした。

高野:舞台でのスタミナ感覚は、2人ともミュージカル『刀剣乱舞』に出ていたからこそわかるのかもしれないですね。

高橋:だから今回の『サクセス荘』では洸のかっこいい部分だけじゃなくて、リアルな部分が見れると思います。

ーー今回で見つかった新たな一面はありましたか?

高橋:あんまり変わらないなと思います。第4回の料理をする回では、麻婆豆腐で豆腐を「サイの目切りにして」と言ったら、みじん切りで出てきたんですよ。これがはたして洸だったのかノブだったのかは、僕にはわからない。

高野:ちょっと、ボケ入ってましたね(笑)。「サイの目切り」がわからなかったのはガチで、でも検索せずに臨みました。みじん切りと大きいの、どっちも入れてみました。

ーー本番一発撮りだからこそ、検索で調べずに撮影に臨んでみたということなんですね。

高橋:それが醍醐味でもありますしね。

高野:健介くんは、舞台で共演してる時はウィッグとか衣装とかがあったけど、映像のビジュアルでも「かっけえな」って。

高橋:……すげえ褒めてくれるじゃん! ごはん食べる!?

■高橋健介
1994年12月24日生まれ、東京都出身。2014年に舞台『ハマトラ』で初主演を務め、2015年には『ウルトラマンX』で主演を務めた。出演するミュージカル『刀剣乱舞』シリーズ(16年~)では、『第69回NHK紅白歌合戦』(18年)出場を果たす。近年の主な出演作に、ミュージカル「スタミュ」(17年)、『魍魎の匣』(19年)などがあり、今後『MONSTER LIVE!』(2019年10月4日~6日、俳優座劇場)上演を控える。

■高野洸
1997年7月22日生まれ、福岡県出身。2009年、NHK教育の人気番組『天才てれびくんMAX』全国オーディションによりDream5を結成し、アニメ『妖怪ウォッチ』エンディングテーマ「ようかい体操第一」「ダン・ダン ドゥビ・ズバー!」がヒット。14年にはレコード大賞・紅白歌合戦に出演する。Dream5活動終了後、映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』出演や、ミュージカル『ROCK MUSICAL BLEACH』主演を務める他、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズ(16年~)では、『第69回NHK紅白歌合戦』(18年)出場を果たす。公開待機作に映画『八王子ゾンビーズ』(2020年春公開)がある。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ