刹那的に生きる少年たちの日常を、生々しく鮮烈に描く異色の青春映画

NeoL

2019/9/5 20:25



3人の少年の純粋にして過激な生き様を描いた、大森立嗣監督の映画『タロウのバカ』が公開。

「名前がない奴はタロウだ」という理由でそう呼ばれているだけで、戸籍すらなく、一度も学校に通ったことがない、思春期真っ只中のタロウ。そんな“何者でもない”存在であるタロウだが、高校生のエージ、スギオと過ごす奔放な日々に自由を感じていた。しかし、偶然にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、それまで目を背けていた過酷な現実に向き合うことを余儀なくされて――。

タロウ役には、本作が俳優デビューとなる16歳のYOSHIを抜擢。タロウが心を許すエージ役を菅田将暉、スギオ役を太賀がそれぞれ演じる。公開は9月6日より。

タロウのバカ監督・脚本・編集:大森立嗣出演:YOSHI、菅田将暉、太賀、奥野瑛太、植田紗々、國村隼配給:東京テアトル(2017年/アメリカ)9月6日(金)テアトル新宿ほか全国ロードショー(C) 2019「タロウのバカ」製作委員会http://www.taro-baka.jp/

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ