100歳で亡くなった祖母 子連れで通夜に行こうとしたら、遺言に強すぎる『ひと言』!

grape

2019/9/4 18:10

※写真はイメージ
家族や親せきが亡くなった時、通夜や告別式の手配など、多くの人が急いで準備を行います。

長男と長女、そして心臓疾患を抱えた次女を育てている、きなこ(@3h4m1)さんも、100歳を超えた祖母が亡くなった知らせを受けた時、実家に帰省しようかと考えました。

しかし、実家までは片道5時間以上かかります。在宅酸素療法で酸素供給装置が必要な次女を連れて行くのは、酷な道のりといえるでしょう。

きなこさんが頭を悩ませていると連絡が入り、『祖母の遺言』として次の言葉を伝えられました。

「こんなろくな医師のいない山奥に、病気のひ孫ちゃんを連れて来るな。骨なんか拾いに来なくていい」

※写真はイメージ

ひ孫を想ってのひと言に、きなこさんは胸を打たれます。

そして、「大戦を生き抜いた人は最期まで強い」と感じたのでした。

きなこさんが投稿した祖母の遺言に、大勢が心揺さぶられています。

・なんて凛とした最期の言葉…。

・力強さと優しさを兼ね備えた人だったのでしょうね。

・最期まで身内のことを気遣った、お祖母様のことを尊敬いたします。

・愛情深さに涙がこぼれました。ご冥福をお祈り申し上げます。

遺言で大切なひ孫を守ろうとした祖母。

その想いは、家族や親族だけでなく、多くの人々にまで届いたようです。


[文・構成/grape編集部]

出典 @3h4m1

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ