撮影の合間に踊る「SOARA」が可愛い!実写映画『LET IT BE』メイキング映像公開 バンド練習シーンも



2.5次元に存在する架空の芸能事務所として、CD、アニメ、ライブ、舞台といった様々なメディアミックス展開を行う「ツキノ芸能プロダクション(通称ツキプロ)」初の実写映画がついに実現。ツキプロ所属の音楽ユニット「SOARA」のはじまりの物語を描く映画『LET IT BE -君が君らしくあるように-』(10月4日(金)公開)のメイキング映像が到着しました!



堀田竜成さん、石渡真修さん、吉田知央さん、植田慎一郎さんらネクストブレイク必至なフレッシュな俳優陣と、原作ドラマCD、アニメで同じキャラクターの声を務める沢城千春さんがSOARAメンバーを演じ、SOARAと同時期に活動をスタートした「SolidS」と「Growth」のリーダーを演じる声優・江口拓也さんと土岐隼一さんが友情出演する本作。







今回解禁されたメイキング映像では、「三年生を送る会」でバンドを組んでライブを行うストーリーのため、楽器初心者もいるなか、楽器レッスンに苦労する映像や実際に演奏する音楽室のシーン、撮影初日の模様、撮影の合間の5人の仲睦まじい様子など、撮影裏の素顔が垣間見れる貴重な映像となっています。

動画:ツキプロ「SOARA」映画『LET IT BE』メイキング バンド練習シーンや撮影の合間に踊る姿も

https://youtu.be/KVo8zlzNPXw

映画『LET IT BE -君が君らしくあるように-』は、2019年10月4日(金)より、池袋HUMAXシネマズほか全国公開!


<S T O R Y>

「この歌は俺だけの歌じゃない。みんなで一緒に作った、最強の歌だもんな。だから……さぁ、音楽をはじめよう!」

音楽が大好きな少年・大原空は、中学二年生の時に授業の課題で一曲の歌、「LET IT BE」を作る。

それを軽い気持ちで動画サイトにアップしたところ、一夜にして大ヒット。一般のニュースにも取り上げられて、一躍時の人となったのだった。自信を持った空は楽曲制作に夢中になっていく。しかし、その後作った歌の評判はどれも思わしくなく、ついには空を攻撃するようなコメントも飛び交うように。傷ついた空は、音楽に触れることをやめたのだった。

時は流れ、空は高校二年生となり、「三年生を送る会」のメンバーとして、校内を忙しく走り回っていた。会の目玉の一つとして、在原守人、神楽坂宗司、宗像廉、七瀬望と即席バンドを組んでライブをすることになったのだ。「この歌は俺だけの歌じゃない。みんなで一緒に作った最強の歌だもんな。だから……さぁ、音楽をはじめよう!」

出演:堀田竜成 石渡真修 吉田知央 植田慎一郎 沢城千春/江口拓也 土岐隼一/おかやまはじめ

原作:ツキノ芸能プロダクション『ALIVE』シリーズ(ムービック) 脚本:ふじわら 監督:伊藤秀隆

主題歌・楽曲提供:じょん(滝沢章)

製作:劇場版SOARA製作委員会 配給:キュー・テック 2019年/日本/カラー/シネスコ/ 103分/ 5.1ch / G

公式ホームページ:soara-movie.com


(C)ALIVE THE MOVIE

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ