【インタビュー】映画『みとりし』 高崎翔太「大切な人をより一層大切に思えるような作品です」 

テレビファン

2019/9/5 17:00


 誰にでも平等に訪れる死の時、あなたはどんな最期を迎えたいですか? つらく、苦しい治療をやめ、住み慣れた自宅や、本人の希望する形で温かい死を迎えるために患者とその家族をサポートする看取り士。「日本看取り士会」の代表理事を務める柴田久美子が経験した多くの温かい時間が本作の原案だ。早期退職後、セカンドライフの仕事として岡山県高梁市にある看取りステーションで看取り士を務める主人公・柴久生を榎木孝明が演じ、高梁市唯一の診療所へ赴任してきた新任の医師・早川奏太を2.5次元舞台を中心にマルチに活躍する高崎翔太が演じた。今回は、高崎に演じた役や、本作への思いについて語ってもらった。

-撮影現場でのエピソードを教えてください。

先輩が多い現場でしたが、和やかで優しい方ばかりでした。撮影中、榎木さんと二人きりになったときに古武術の技を教えてもらいました。

-共演した村上穂乃佳さんの印象はいかがでしたか。

看取り士という職業に真摯(しんし)に向き合って、芝居以外の部分を丁寧に演じていたのがとても印象的でした。

-本作で医師の役を演じた感想は?

一度舞台で演じたことがあります。医者というのは患者さんを治すことが仕事なんですけど、つらい思いをしたくないという患者さんの意思を尊重して、看取り士のように最期まで丁寧に看取るのが正解なのか、意地でも病気を治すことを考えるのが正解なのか、家でも現場でもずっと考えていました。

-まだまだ先の話になりますが、高崎さんはどんな最期を迎えたいと思いますか。

考えたことがないです(笑)。でも、病気もなく、一番いい頃にパッといきたいなって思います(笑)。

-岡山県でロケを行ったそうですが、岡山県を訪れたことはありますか。

ドラマとバラエティーの撮影で行ったことがあります。映画は高梁市で撮影をしたんですけど、そこの無人駅の目の前が川で驚きました。新潟出身なので無人駅を使ったことはあるんですけど、森と川しかない場所というのは初めてでした。

-川遊びはしましたか。

衣装を着ていたので無理でした。でも、あと10歳若かったらきっと遊んでいましたね(笑)。

-最近の趣味はなんですか。

最近は旅行によく行きます。この前は本場の中華料理が食べたくて友達と1泊2日で上海に行って来ました。

-弾丸旅行ですね。まとまったお休みができたらどんな場所へ行きたいですか。

ブラジルとか、南アメリカとか、お休みがたくさんないと行けない国に行ってみたいです。あとはクリスマスのオーストラリアに行ってサーフィンをしているサンタクロースが見たいです(笑)。

-最後に、この映画はどんな人と見に来てほしいですか。

1人でもぜひ見に来てほしいんですけど、家族や友達、大切な人と一緒に見に行って、感想や内容を共有していただければ、より一層その人たちを大切に思うことができる作品だと思います

(取材・文・写真/丸山有咲)

映画『みとりし』9月13日(金)から有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
http://is-field.com/mitori-movie/

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ