大戸屋、四元豚や手造りがんもどきを使用した期間限定の定食を2種発売


大戸屋はこのほど、「四元豚の醤油麹漬け月見定食」と「手造りがんもどきのトロトロ煮定食」を期間限定にて発売した。

「四元豚の醤油麹漬け月見定食」は、4種類の豚を掛け合わせたブランド豚「四元豚」を使用した定食。

豚肉は醤油麹に漬け込み、炭火で香ばしく焼き上げるため、独特の香ばしい風味や食感も楽しめるという。肉の旨みを楽しめるよう、唐辛子入りの少しピリ辛の醤油ソースで仕上げている(一部店舗では炭火でなく直火焼き)。豚肉は、目玉焼きとともに盛り合わせて提供する。

肉は、4切れ盛り、6切れ盛りを用意。4切れ盛りは830円、6切れ盛りは900円。

「手造りがんもどきのトロトロ煮定食」(870円)は、店舗で揚げたがんもどきと、野菜などの素材を塩ベースの出汁でひと煮込みした定食。がんもどきは、手造り豆腐にとろろとひじき煮、きんぴらごぼうを混ぜ店舗で手作りしているため、ふわっとした出来立ての食感が楽しめるという。

さつまいいもの甘さとごまの香ばしさが合う「さつまいものごま和え」と、ねばねばした食材とかつお節の風味が楽しめる「オクラとろろ」の2つの小鉢も添えて提供する。

※価格はすべて税込

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ