「死にたい人はどうすればいいのか」 1つの『答え』が心にしみる

grape

2019/9/4 16:25

夏休み明けは、「若者の自殺者が増える」といわれています。

ノエル(@noelys_25)さんは、夏休みが明けた2019年9月4日に、『生きるのがしんどい人に見てほしい漫画』をTwitterに公開。

若者に限らず、「死にたい」と思っている多くの人に向けてメッセージを発信しました。

「今日だけ生きよう」が案外生きやすい話

「死にたかったら明日でも死ねる」

1日ずつ死ぬのを先延ばしにして、毎日を『最後の1日』と思いながら好きなことをして生きる…そうすることで日々の苦しみから少し解放されるのです。

ノエルさんの考えかたに、ハッとする人が続出。漫画には、「感動した」「元気が出たので明日も生きていきます」などのメッセージが寄せられました。

「すべての人に当てはまるとは思ってない。当てはまるはずがない。でも、まあ、1人だけでも、死ななかったらいいなって思う」ともノエルさんはコメントしています。

もしノエルさんの考えかたがピッタリと当てはまったら、どうか自分に優しくして、楽しい毎日を送るようにしてください。


[文・構成/grape編集部]

出典 @noelys_25

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ