友達のベッドに座るのはアリ?人それぞれ違う不潔の基準

女子SPA!

2019/9/5 15:46

<みきーるの女子マインド学>

こんにちは! 今回は「せっかく仲よくなったのに、思わぬことで友情にヒビが……」というご相談をいただきました。

◆友達の家に行ったらイスがなくて…

【悩】友だちの家で、ベッドに座ったらキレられた

「SNSで仲よくなった人たちと、夏休みにオフ会を開催! なかでも特に意気投合したA子の家に、流れで泊まらせてもらうことになりました。

ビールを買って、さて部屋飲み!と思ったら、急に『えっ? あなたってそういうことしちゃう人? 信じられない!』と言われ、一気に気まずい雰囲気に。

他に座るところがなかったのでベッドに腰掛けたのですが、そんなに怒ることですか??」(チナミさん)

◆何を汚いと思うかは人それぞれ

【答】“不潔の谷”は人によって違うもの

うーん、これはいわゆる“不潔の谷”問題ですね(私が付けました)。人によって「何を不潔と思うか」という境目は、実にさまざま。チナミさんがぶつかった“他人のベッドに座っていいか?”というテーマは、芸能人もたびたび持ち出します。

「ベッドは身体を休める神聖な場だから、他人に座られたくない」という人もいれば、「別にドロだらけの服で汚されたわけでもないなら、気にしすぎ」とか、「シーツに触れるのはナシだけど、掛け布団に座るのはアリ」とか、正解もひとつではありません。

私はワンルームの部屋に住んでいたとき、友達が来たらベッドをソファがわりにしてもらっていましたが、カバーも掛けていたし、特に気になりませんでした。でも、「カバーがかかっていようが、イヤなものはイヤ!」という人もいるのでしょうね。

◆フォークは平気だけど、ストローはダメ

「これはダメっていうくせに、こっちはいいの?」とか、「え、これがダメなのか!」という“不潔の谷問題”は、ほかにもいろいろあります。

「私の食べかけのケーキは、一口ちょうだい!って食べるのに、ジュース一口くれる?って言ったら、人と同じストロー使うの無理!って断るコがいる」(マキさん)

「妹は、私のくるくるドライヤーは使うのに、自分のヘアブラシは貸してくれない」(セリカさん)

「ごめんなさい、私、人のうちのスリッパが苦手です。どうぞって言われると本当に困る。人のうちのタオルは使えるんだけど」(ワミさん)

「からあげにレモンがダメなんじゃなくて、人の絞ったレモンがダメです」(ミナミさん)

「そ、そうなの?」と思ったあなたも、そういえば「これはちょっとイヤかも……」ということがあるかもしれません。

◆お互い気遣い合うことが大切

人の“不潔の谷”を見て、「そんなのおかしい!」と怒る前に、自分の中のアリナシをもう一度チェックしてみるといいかもです。

A子さんのようにベッドに座られたくない人は先んじてクッションを勧めたり、チナミさんのように座る場所に困ったら「ここ座って平気?」などと訊くようにすると、円滑に行くのではないでしょうか。

感覚は人それぞれ。「この人、おかしい!」と決めつける前に「いろんな人がいるなぁ」と思ってみると安心です。不潔の谷にハマって不毛なケンカをしなくてすむよう、さわやかにクリアしたいものですね。

<文/みきーる>

【みきーる】

ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ