ついに離婚を決意した不倫妻 「愛してるのに!」と夫は怒り狂って…

しらべぇ

2019/9/5 15:40




女優のが主演を務めるドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)。4日に放送された第9話では、自身の嘘を告白するも振られてしまった鐘子(杏)と、姉の葉子(仲間由紀恵)が離婚を決意するという、それぞれ様子が描かれ、視聴者の間で物議を醸している。

■不倫が「偽装」であることを告白


ずっと既婚者を装っていたが、本当は独身であること、そして丈(宮沢氷魚)が心の底から好きだと告げた鐘子。しかし丈は、後腐れなく遊べる不倫だから付き合っていたと冷たく言い放ち、そのまま立ち去ってしまった。

あれから2か月、鐘子は丈に会うことなく、恋の終わりを実感する。そして、勤め先に現れた藤堂(桐山漣)と、ひょんなことから良い雰囲気になり、周りの一押しもあり彼と食事に出かけることとなる。


関連記事:不倫相手と夫を天秤にかけ… 「妻の裏切り」に夫は予想外の行動に

■偶然の再会


一方、葉子は風太(瀬戸利樹)のことを忘れ、元の生活に戻るために長い髪をバッサリ切ろうとしていた。美容室の席に着き、短くしたい旨を告げると、なんと真後ろに風太が座っているではないか。

葉子の美しいロングヘアが好きだった風太は、「だめーーー!」と大声を出してカットを阻止。忘れようと思っていた恋人の登場に葉子はふたたび恋心を思い出してしまい、戸惑いを隠せない。ふたりはその後、カフェに入り互いの気持ちを再度確認する波乱の展開を迎える。

■離婚を決意した瞬間


会ってちゃんと謝っていなかったことを謝罪した葉子。罪悪感を持つ葉子とは対照的に、風太は「できるならずっと一緒にいたいと思ってる」と伝えていた。

純粋な思いを持つ彼は、嘘に時間を割いた末には何が待っているのかと自問自答する葉子に対し「じゃあ、僕そこで待ってよっかな。どうせ下までおっこっちゃうなら、自分から飛び降りちゃおう」「僕が下で受け止めてあげるから、飛び降りておいでよ」と呼びかける。

風太の愚直な思いに涙する葉子。旦那を愛しているかと聞かれ、「愛じゃない。愛なんかじゃないよ」と答えた葉子は、ここで賢治(谷原章介)との離婚を決意。そして帰宅してすぐ自身の想いを告げるも、賢治は「こんなに愛してるのに!!」と怒り狂ってしまう。

■本当に好きな人とは


同じ頃、藤堂とデートをしてみるも、やはり丈が忘れられないと実感した鐘子は思わず彼にすべてを話してしまう。快く受け入れた藤堂は、丈に会いに行くべきだと背中を押す。

意を決して丈の姉・灯里(MEGUMI)の店へ向かい、丈との再会を果たすのだがなんとそこには脳の手術が無事に終わったものの、ここ数か月の記憶がすっぽり抜け落ちた丈の姿が。「誰ですか?」と、ショッキングな言葉を鐘子に投げかける。

■イライラを隠せない視聴者続出


トレンディドラマの如く続くドロドロな展開に対し、放送直後のSNSでは「どうなっちゃうの」「風太いい子すぎる」といった声の他、突然の展開に疑問を呈す視聴者もおり、賛否両論が飛び交っている。









次週はついに最終回。どういった形で物語が収束するのだろうか。

《これまでに配信した『偽装不倫』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→妻も不倫に気づきつつも“何も言わない”夫 静かな怒りの矛先は…

(文/しらべぇ編集部・AKO

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ