EXIT兼近大樹、逮捕歴報道にファン「#ジッターはこれからもジッター」拡散中

“ネオ渋谷系漫才”で人気沸騰中のお笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(28)が、2011年に売春防止法違反の疑いで逮捕されていたことを9月5日発売の『週刊文春』が報じたことを受け、兼近が5日11時半頃自身のツイッターにコメントを掲載した。「関係者、応援してくれている皆さまへ」とスタッフ、先輩芸人、仲間たち、ファンに向けたメッセージに大きな反響が寄せられている。

“かねちー”こと兼近大樹は、自身の心境を吐露した活字の文章を写真4枚に分けてツイッターに投稿した。まず「この度は、お騒がせしてご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。」と謝罪し、「今回の事で改めて自らの過去としっかりと向き合おうと思いました。兼近は過去の法律違反を美談にする気も肯定する気もありません。」と自身の過去の罪について記載した。

今回の報道を受けて、EXITファンのことを指す“ジッター”からは「これからも応援する気持ちは変わらないよ!」などと「#ジッターはこれからもジッター」のハッシュタグをツイッターで拡散中だ。しかし一方でネット上では「ショック」「これはイメージダウン」「今までと同じ気持ちでは見れないかなあ」と衝撃を受ける人や、「いい人キャラで売ってたやん」「善人キャラ完全崩壊だね」とEXITでのチャラいキャラとは異なり、兼近の真面目な素顔やベビーシッターのアルバイト経験などがしばしば話題となっていたことに言及する声も見受けられた。

また今回、逮捕時に兼近が未成年であったこと、芸能活動をする前であったこと、罰金刑を済ませていることから「未成年事件だったし、公表は法的に問題出るかも」「社会復帰して頑張っていたのに大きな妨げになってしまった」「芸能人は私的な部分をさらす覚悟は必要なのだろうけど、どこまでさらすのかは意見が分かれそう」と疑問を呈する声も上がっていた。兼近が所属する吉本興業では5日、公式サイトにて「当社所属タレント兼近大樹に関する一部報道について」と題し「文藝春秋社に対し本件記事を掲載した行為について強く抗議するとともに、民事・刑事上の法的措置についても検討して参る所存です。」と掲載している。

しかし、兼近自身はツイッターに「今回の未成年時の罪を報道されてしまった事に関しては自分のした事なので、ルールはどうあれ受け入れます。むしろ世に事実を伝えられたので多少の感謝もあります。」と潔く、「もちろん事実ではないことも多く書かれてあるので、それは文春さんが兼近の否定の文章も載せてくれています。見出しだけで判断せず、買って内容を読んで見てください。多少のカットはあるものの割と兼近の言葉で書いてくれてます。」と『週刊文春』の閲覧を促している。

これまでいわゆる“文春砲”を受けた芸能人は、動揺した様子を見せながらまずは否定する人が多かったようだが、兼近は直撃されたときも素直に逮捕歴を認めている。「多少の感謝もあります」という兼近からは過去の罪も含めて自分を見て欲しいという姿勢が感じられる。兼近はツイッターに「今は永遠に背負い続け、こんな俺が夢を見たり簡単に他者と関わってはいけないと再認識しています。しかしこんな俺だからこそ出来る事、見てほしい事、伝えられる事が沢山あると思って居ます。」「そんな自分を否定する事を辞めれるよう、それがあったから今がありますといつか言えるような生き方をするように毎日心がけています。」とも胸中を綴っている。

ツイッターでは「過去の過ちを擁護することが正しいとは思わないけど、これからの『兼近大樹』という人間の人生を応援して肯定することはできる」「過去に過ちある事もあるよ。誰もが清廉潔白に生きてないよ。でも、今を正しく生きてる。だから、大好きなんだ」「かねちーの過去は消せないけれど、それを背負って懸命に生きてきたのだと思う」「過去は変えられないけど、今の優しさに溢れたかねちがあるのも事実」とジッターたち。そんな思いが「#ジッターはこれからもジッター」とツイートさせているのだろうか。

画像は『EXIT 兼近 2019年9月5日付Twitter』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ