長男の夜泣きに悩まされる日々…。そんなときに私を励ましてくれたブログのコメント【産後太りこじらせ母日記 第52話】

ウーマンエキサイトの読者のみなさんこんにちは! 7歳と4歳のやんちゃ兄弟を育児中のなーみんです。

今回は少し時をさかのぼって、長男の「なーが」が赤ちゃんだった頃、夜泣きがひどく辛かったときに、励まされたエピソードを書きます。

■長男の夜泣きに悩まされる日々

夜泣きは「なーが」が5か月半になる頃にやってきました。

ただでさえ寝つきが悪くて、寝かしつけに苦労していたのに、やっと寝たと思ったら夜泣き。

授乳や抱っこでなんとか寝かしつけても、1~2時間後には泣いて起きるの繰り返しでした。

完全に寝つくのが朝になることも。

当時の私には近所に友だちも、相談できる人もいませんでした。

実家の母に話しても「いつか終わるから~」と言われ…

「いつかっていつよ!?」と思っていました。

■辛い時期はゴールが見えない
辛い時期はゴールが見えない

育児をしていて思うのは、辛い時期はゴールが見えないということ。

たとえば、イヤイヤ期。

「いつか終わる」とよく言われますが…

そんなのわかってるんだよ~~~!!

その「いつか」がいつなのかわからないから、絶望的になるし、辛いんですよね。

アドバイスはありがたいけど、そういうのじゃなくて「大変だよね、頑張ってるね」みたいな、共感を示してくれる言葉が欲しいんです。(わがままですが)

夜泣きもゴールが見えなくて、精神的にも肉体的にもボロボロでした…

■ブログのコメントに励まされた
ブログのコメントに励まされた

そんなとき、私が励まされたのが、当時、育児記録として書いていたブログのコメントでした。

あまりにもひどい長男の夜泣きについて書いたら、共感や励ましのコメントをいただき、一時的ではありましたが、心が軽くなったのを覚えています。

みんな優しくて、辛いのは自分だけじゃない! と思えました。

私以外にも眠れなくて辛い思いをしてるママさんがいるんだ、と思うだけで心強かったです。

長男を出産したころの私は、SNSはほとんどやっていなくてブログがメインでした。

そのため、友だちもいない土地で心細く育児をしていた私にとって、ブログはとても励まされる場だったんです。

世の中は優しい人であふれてるな…と思った出来事でした。

(なーみん)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ