世良公則「浜田に叩かれたら…」ダウンタウンと初共演で修羅場!?『ダウンタウンなう』

室井滋と世良公則が、9月6日に放送される『ダウンタウンなう』(フジテレビ系、毎週金曜21:55~)の人気企画「本気でハシゴ酒」に登場する。

「本音でハシゴ酒」は、ダウンタウン(浜田雅功松本人志)、坂上と酒を飲みながら本音で語り合うコーナー。この日は、夏菜が“飲み仲間”として参加する。

ドラマ『やっぱり猫が好き』(1988年)の大ヒットで一躍有名になり、その後も数々の映画賞を受賞した芸歴38年のベテラン個性派女優・室井だが、その私生活は謎に包まれている。今回は、プライベートもかなり個性的な室井の一面に迫る。

30年来の友人・浅野ゆう子からは「財布を使わず現金をジップロックで持ち歩く」、陣内孝則からは「パソコンは使わず原稿はジャポニカ学習帳に手書きする」という衝撃のタレコミが。その真相に迫ろうと、一行が室井の私物を早速チェックすると、“新聞紙で作ったバッグ”からは、タレコミ通り使い古されたジャポニカ学習帳や、分厚い札束が入ったジップロックが見つかり……。

また、映画監督の長谷川和彦との30年以上にわたる事実婚生活の実態も激白。室井は「事実婚のつもりもあんまり無いです」と、籍を入れない理由などについて赤裸々に明かしていく。そのほか、浜田が長谷川監督との“恐怖”の初遭遇エピソードを披露する場面も。さらに、室井がダウンタウンのためにと特技を披露。慣れた手つきでおもむろにピアニカを取り出すが、松本が「ただのヤバいやつやん」と評した衝撃のネタとは?

続いて登場する世良はダウンタウンとは初共演。バラエティ番組には滅多に出演しないロックンローラーで、日本のロックシーンをけん引しつづけてきた超大物だが、役者としても活躍。ドラマ『マルモのおきて』(2011年)では、その近寄りがたい怖いイメージと対照的な役柄が話題になった。

対面前には、世良がこれまでダウンタウンと共演してこなかった理由について「ダウンタウンを尊敬しているが、浜田に叩かれたら反射的に叩き返してしまうかもしれず……」という理由で共演を断ってきたことが明らかに。相手がボケない限りは叩くことは無い浜田だが、「俺もうめっちゃ嫌やねん! 誤解ですよ」と怖がる様子を見せる。史上最強の緊張感を持ったロケを前に松本は「これは、お前、賭けやぞ!」と挑発。店内に入り、世良と隣同士で座ることになってしまった浜田だが、果たして初共演は無事成功となるか?

さらに、話題は中学生時代の坂上が世良と初めて遭遇した日の因縁エピソードへ。世良が「坂上さんが“世良、あんなのロックじゃない”っとおっしゃったらしいじゃないですか」とつぶやき、松本も「これは許せないっすね!!」と大興奮。現場の緊張感がますます増していくなか、今回のために用意した“世良公則のトリセツ”を紹介する。世良の趣味や価値観について迫っていくが、一行のあるメンバーの発言が世良に「浜田さんのパンチ以上」という大ダメージを与えてしまう。物静かに語る姿も迫力満点の世良は必見だ。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ