『4分間のマリーゴールド』福士蒼汰×菜々緒×桐谷健太×横浜流星が兄弟に ビジュアル解禁

 俳優の福士蒼汰が主演、女優の菜々緒がヒロイン役を務める10月スタートのドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系/毎週金曜22時)より、親同士の再婚で兄弟として一つ屋根の下に暮らす、みこと(福士)、沙羅(菜々緒)、廉(桐谷健太)、藍(横浜流星)の4人がそろったビジュアルが解禁された。

【写真】福士蒼汰、さわやかインタビューカット

本作は、小学館新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエによる同名漫画が原作。手を重ねた人の「死の運命」が見えてしまう特殊な能力を持つ救急救命士と、命の期限が1年後に迫った義姉との禁断の恋を描く。

救急救命士・花巻みこと(福士)は、幼い頃に母を亡くした後、9歳の時に父の再婚相手である義母やその連れ子の廉(桐谷)、沙羅(菜々緒)、藍(横浜)の3兄弟と家族として暮らすことになったが、義姉・沙羅にひそかに思いを寄せていた。しかしある時、沙羅が28歳の誕生日にこの世を去るという「死の運命」を見てしまう。沙羅の幸せを心から願い、どうにかして命を救いたいと必死に考えるが、これまでに見た「死の運命」は、救命士としてどんなに手を尽くしても必ず現実になっている。そんな中、胸に秘めた沙羅への思いは抑えきれなくなっていき…。

主人公のみことだけ血はつながっていないが、父親が亡くなり母親も不在がちな花巻家で、助け合いながら仲良く暮らしている4兄弟。年齢も性格もばらばらだが、解禁されたビジュアルからは、演じる福士、菜々緒、桐谷、横浜の“兄弟”としてのチームワークがバッチリの様子が伺うことができる。

4人が顔を合わせた初日から、「もしこの兄弟が現実だったら、3人をめちゃくちゃ可愛がる」という“長男”桐谷が中心となって場を盛り上げ、現場は終始アットホームな雰囲気。主演の福士も「それぞれが役柄に近い雰囲気なので、しっくりきました」と語るほど、4人の間にはすでに“仲良し兄弟”の空気が漂っていたとのこと。

紅一点の菜々緒も「他愛もない雑談をしながら、“兄弟”っぽい! と感じました」と手ごたえを感じた様子。そんな和やかな空気の中、末っ子役の横浜もリラックスした表情を見せ、「たくさんコミュニケーションを取って、しっかりといい関係性を築いていきたいです」と謙虚に語った。そんな4人が一つ屋根の下で和やかに暮らす日常風景も本作の見どころだ。

また、花巻家の母で、海外を拠点に活動するフォトグラファーの理津役を麻生祐未が演じることも決まった。

金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』はTBS系にて10月より毎週金曜22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ