『映画このすば』EDテーマ発売記念!レコーディング終了後の雨宮天インタビュー&試聴動画が公開

SPICE

2019/9/5 12:25


現在、全国の劇場にて公開中の『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』のエンディングテーマ「マイ・ホーム・タウン」を歌うのはアクア(CV:雨宮天)、めぐみん(CV:高橋李依)、ダクネス(CV:茅野愛衣)のヒロイン3人。
「マイ・ホーム・タウン」ジャケット
「マイ・ホーム・タウン」ジャケット

CD発売日の9月4日(水)レコーディング終了後の雨宮天のインタビューが公開された。あわせて「マイ・ホーム・タウン」の試聴動画も日本コロムビアのYouTubeチャンネルにて公開された。

■「マイ・ホーム・タウン」試聴動画

レコーディング終了後インタビュー第3弾! 雨宮天さん(アクア役)


--映画が決まったときの気持ちを教えてください。

また『このすば』をやれることがひたすら嬉しかったです。TVシリーズは10話で終わっていたりして、他の作品より短かったりするんですけど、みんなが全力で、すごいテンション感で作り上げていたり、キャスト同士の絆もすごくある現場だったので、収録がめちゃめちゃ濃かったんですよ。だから最終回が寂しくて! 『このすば』ロスに陥ってしまい、作品が終わってからもみんなで飲みに行ったりしてたんです。そこで、またやれたらいいねっていう話をしていたので、映画が決まったときは本当に嬉しかったです。でも、映画となるとこれまでと変わってくるじゃないですか。私、実は『このすば』は映画向きだと思っていたんです。まず音楽がすごくカッコいいですし、第1期も第2期も最終回ではカッコよく戦うシーンもあったので、映画でそれらが見られると思うと、すごく楽しみになってしまって!

--TVシリーズから映画向きと思ってたんですね! ドタバタコメディ感が強かったですが。

と見せかけて!ですよ。なんて言うんだろう、1話でびっくりしたんですよ。アクアとカズマのやり取りのアホさに対して、音楽の壮大さ! 本当にカッコよくて。それは今年、オーケストラコンサートに参加させていただいたときにもより感じました。会場では1曲しか客席で聴けず、あとは袖で聴くしかなかったんですけど、それだけでもめちゃめちゃ良かったので。

--映画のアフレコはいかがでしたか?

最初は映画ということで、今までにない緊張感もあったんですけど、あっという間にいつもの雰囲気に戻りました。久しぶりのキャストの方もいらっしゃったんですけど、全然そんな感じはしなくて、「実家に戻ってきた」みたいな感じ(笑)? 途中からはかなりリラックスして楽しんでいて、テストで他の方が予想外に面白いことをしてきたら、負けてられないぞ!みたいな。しかもテストと本番でも、全然違うことをやる人が増えていくんですよ。本当に突然突拍子もないことをするから、みんな下を向いて、笑いをぐっと堪えてるみたいなのも、あの頃とかわらないなぁって。

--その現場、見てみたいですね。

本当に面白いですよ! テストと本番、どっちも面白いんで。でも、カズマさんは大変そうでしたけどね。ほぼ叫びっぱなしだったので。テストで喉を痛めないよう、気をつけてくださいねって思いながら見てましたけど、カズマさんはずっと全力でしたね……。

--映画では、そのドタバタ感も楽しめそうですね。

アホだなぁっていうあの感じとカッコよさは全部詰まっていると思います。基本的に紅魔の里の話なので、カズマさんとめぐみん、ゆんゆんが主体になって動くんですけど、ドタバタ感はしっかりとありました。

--雨宮さん的な見どころはどのあたりだと思いますか?

カズマさんかなぁ。福島潤さんは最初すごく緊張されてて、悩んでもいたんですけど、本当にびっくりするほど面白くて! 出番がすごく多いし、それこそカズマ一人の長いモノローグがあったりするんですけど、モノローグでこんなに面白いの?って感じなんです。一人でしゃべっているのに飽きずに聞けるし、ひたすら笑わされることなんてあるんだなと思ったので、そこは見どころです。

--あと、アフレコではよく食べていたそうですね。

お弁当がすごく豪華で、陽当りの良い窓辺で、パーティーメンバーの4人で机を囲んでお寿司を食べたりしていました。わいわいと『このすば』の話をしながら。それと途中でピザが届いたんですけど、そのピザを私がいっぱい食べていたので、結構ツッコまれましたね…。やっぱりアフレコは体力を持っていかれるので!

--そして、エンディングテーマ「マイ・ホーム・タウン」をレコーディングしました。

映画の主題歌って、普通は1曲なのかなと思って、それだったらMachicoさんが歌うんだろうなと。あったらいいなぁとは思っていたけど、あまり期待しないようにしていたんです。そしたら今回も3人で歌えるという話が届いて、嬉しかったです。

--そして、またもハンバート ハンバートさんの曲です。

ふるさと感が溢れている曲ですよね。懐かしい感じというか。すごくほのぼのとした温かい曲で、疲れていたりするときに聴くと、ふっと涙が出ちゃうような感じ。それにもう今では、この感じが『このすば』のエンディングだよね!って思いますよね。そのくらいみなさんの中で定着しているのが、すごく不思議です。『このすば』の最初のイメージって、ワチャワチャ感やドタバタ感だったと思うんですけど、こういうしっとりとした曲がエンディングに流れることで、アホなことがたくさんあったけど、すべてがふわ~っとなるんですよ。今日もいい話だったなぁみたいな。

--それ、騙されてるかもしれないですよ(笑)。曲を聴いてみていかがでしたか?

すごく帰ってきた感じがして嬉しかったです。東京出身なので、私には故郷らしい故郷はないんですけど、それでも懐かしさを感じられるような曲調で、これぞ『このすば』という感じでした。しかもレコーディング順的に私が最後だったので、3人揃った歌を最初に聴けて、感動しました。

--レコーディングでは、どんなことをこだわりました?

曲を聴いたとき、これは毎回なんですけど、ちょっと寂しさもあったんです。実際ふたりの声を聴いたとき、めぐみんが故郷を思うような、寂しさが漂う歌い方をしていたんですよね。そこが不器用な子供っぽさが出ていて愛おしいんですけど。それとダクネスは本当に優しいお姉さんのような感じで、彼女は騎士なので、育ちの良さが出るような歌声だったんです。それにちょっと寂しさを感じたので、アクアは笑っているようなイメージで歌いたいと思いました。なので、暗くなりすぎないことは意識しましたね。

--その明るさとテンポの兼ね合いには苦戦されていましたね?

テンポがゆっくりでしたからね。それでも明るさをアクアが担わないと、と思っていたので。なので、ちょっと流れで歌ってしまいそうなところも、言葉をはっきり歌うことで明るさを出そうと調節したりしました。ただ、声質は基本的には優しく行こうと思ってて、家でも練習したんです。優しい声と、アクアらしい言葉を強調したり、高低を付けるような歌い方を両方録音して、どちらがいいだろうって。

--録音するんですか?

基本的には。そうして、どういうアプローチにしていくかを自分で練るんです。「わたし音頭」みたいなキャラクターソングは、アクアらしさ全開で行けるけど、こういう曲の場合、アクアがどういう気持ちで、どういう解釈で歌うのかを想像するんです。それで、きっと優しく歌うんだろうなって思ったので。

--そこまで練った上で、ディレクションの指示にも応え、3人のバランスも取っていたんですね! すごい。では最後に、映画を楽しみにしている方にメッセージをお願いします。

予告などでは、「マイ・ホーム・タウン」を流さないというお話を聞いて、素敵だなと思いました。やっぱり本編があって、この曲が流れるから、両方がより引き立つ関係性になると思うんです。劇場に足を運んでくれる人は、そのくらい『このすば』が好きな方たちだと思うので、一番いい状態で聴いてくれたら嬉しいです。

--雨宮さん的には、アフレコで知った物語に、このエンディングは合うと思いましたか?

アフレコをやった感じだと、すごくいい流れでこのエンディングが流れるなぁってイメージです。結構な人が泣いちゃうんじゃないかなと思うんですよ。『このすば』の映画で泣くって、なんだかすごく不思議な感じもしますけど、あのストーリーで、この曲がきたらグッと来ると思うんですよね。それは想像できたし、私も映画でその体験をしたいなと思います。

--そして、また今度、次の出会いがあればいいですね。

そうですね! 体力が続く限りアクアを演じていたいです。かなり体力勝負なところがあるので頑張らないといけないんですけど、本当に楽しいし、愛が深い現場なので、ずっと『このすば』をやっていたいなと思います。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ