レンチンで手作りハーブ! 「ドライ大葉」

E・レシピ

2019/9/5 08:00

残暑が残る9月は、まだ清涼感があるメニューを欲する季節ですね。
その点、大葉(しそ)は手軽に清涼感を味わえる食材ですが、日持ちがしないのが難点。
うっかり野菜室に入れっぱなしにして、しなしなになっていることはありませんか?

バジルやローズマリーなど、西洋のハーブがドライハーブになるように、和のハーブである大葉も乾燥させることによってドライハーブにすることができます。
その乾燥方法は、電子レンジで簡単に。

大葉はドライハーブにすると、日持ちもして、生よりは劣りますが香りも十分な使いやすい薬味に変身します。
ぜひこのドライ大葉を、冷奴や納豆、チャーハンなどに使ってみてください。

ちなみに大葉は、体を老化から守ってくれるベータカロテンを大量に含む緑黄色野菜です。
ベータカロテンはにんじんに多く含まれることで知られていますが、にんじんよりも多く、すべての食材の中でもトップクラスの含有量を誇ります。
たとえば、一日大葉を6-7枚食べれば、一日に推奨されているベータカロテンの量をとれるほど。

料理では脇役的な存在の大葉ですが、ベータカロテンについては主役級。
こまめにいろいろな料理に加えられるといいですね。

■ドライ大葉

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子

<材料 (作りやすい分量)>
大葉 5枚

<作り方>
1、大葉をキッチンペーパーの上にのせる。


2、600Wの電子レンジで1分加熱する。


3、キッチンペーパーでカラカラになった大葉を包み、手でもんで細かくする。

大葉は植木鉢でも簡単にたくさん栽培できるので、ぜひ家庭栽培からの和ハーブ作りを楽しんでみてください。

(長 有里子)

当記事はE・レシピの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ