前回の消費増税時に購入せず後悔したものランキングを調査!2人に1人が損をしている?!駆け込み需要の意外な落とし穴とは…


2019年10月1日、一部を除き消費税が10%に引き上げられます。皆さんはもう増税の前に買っておきたいものは買いましたか?特に値段の高いものは少しでも安く買いたいので増税前に買う人が多いようです。

今回、株式会社IDOMは消費増税に先駆け、全国の20~60代男女1000名を対象に、消費税の増税に関する実態調査を実施。その結果、前回の増税時に購入せずに後悔したものや、今回の増税前に購入しておきたいものなどのランキングが明らかになりました。

前回の増税時に購入せず後悔したもの

調査ではまず、前回の増税時に購入せず後悔したものを質問。結果は1位「電化製品」、2位「車」、3位「日用品」という結果に。半数以上が高額なものを買わずに後悔していることが判明。電化製品や車など、大きな買い物かつ必ず買い替えが必要なものに対して購入を検討する方が多いことが明らかになりました。

今回の増税で購入したいもの

前回の消費増税で購入したもの、今回の消費増税時に購入したいものは、ともに普段使う身近なものが票を集め、1位「日用品」、2位「食料品」、3 位「電化製品」という結果に。また、車や家など高額なものに関してもランキング上位ではないものの、購入を考えている人が多いという事も判明しました。

自動車売却に関するアンケート調査


株式会社IDOMでは、増税に関するアンケート調査でランクインした「車」の売却についても調査を実施。20代~60代男女500人に対して調査を行いました。

買い取り金額に最大で400万円の差が出る場合も

調査では買い取りの最高額と最低額について調査。金額を覚えていない方を除く全員が業者により査定金額に差額が出たということが分かりました。また、その内の半数以上が21万円以上の差額が出たと回答。最大で400万円以上もの金額差があったということが明らかになりました。

一方で、複数社で査定を行っていない方は4割以上にのぼり、2人に1人が損をしている可能性があることも明らかに。

複数社で査定を行っていない方が4割以上いるのに対し、売却先によって売却価格が異なるという認識をしている人は97%と、矛盾した結果に。理由として「複数のお店にいかなければならない」、「休みがつぶれる」、「たくさん電話・メールがくる」といったものが挙げられ、査定は「面倒くさい」「辛い」という印象から複数社で査定をしていない人が多い実状が判明しました。
 
今回の調査結果から、増税時に購入しておけばよかったと思うものは、電化製品や車など大きな買い物かつ必ず買い替えが必要なものが挙げられ、車については多くの人が値段が変わることを分かっていても、なかなか複数社での査定ができていないという現状が明らかになりました。

増税前に車の買い替えをしようと思っている方へ

仮に200万円のクルマを購入したとしても、消費税増税による価格増加は「4万円」程度。「20万円以上」の下取り金額 の差に比べれば少ない差額です。お金は言うまでもなく大事なもの。手間を惜しまずしっかり準備して賢く節約していきましょう。
CARトップ(カートップ) 2019年3月号 (2019年01月26日発売)
Fujisan.co.jpより

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ