ジェームズ・ガン製作で“超常の力”を持つ少年の脅威描く『ブライトバーン/恐怖の拡散者』日本公開が決定 主題歌はビリー・アイリッシュ

SPICE

2019/9/5 06:00


映画『Brightburn』(原題)が、『ブライトバーン/恐怖の拡散者』として11月15日(金)より日本で公開されることが決定した。

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン氏が製作、『インバージョン 転移』のデイビット・ヤロベスキー監督がメガホンをとり、エリザベス・バンクスが主演した映画。地球外から飛来した少年が、危険な存在となっていく姿を描いたSFスリラーだ。

2019年5月には、楽天が米国を拠点に映画の製作・配給を手掛けるThe H Collective, Inc.と合弁による映画製作会社・Rakuten Distribution株式会社の設立を発表。『ブライトバーン/恐怖の拡散者』は、楽天が出資し、Rakuten Distributionが日本で配給する作品第一弾となる。


解禁された予告編では、母親になる日を夢見てきた女性・トリ(エリザベス・バンクス)の前に、ある日突然赤ん坊が到来する場面からスタート。「ブランドン」と名付けられたこの子どもは、聡明で才能にあふれ、好奇心旺盛な少年に育っていく。しかし、ある日ブランドンが超常的な力を発揮し始めることに。映像では、強大な力を持つブランドンが少年から惨事を引き起こしていく様子が収められている。
ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)
ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)

なお、本作の主題歌をビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)が担当することも明らかに。提供された「bad guy」は、ビリー・アイリッシュが全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)で1位を獲得した楽曲。彼女は、同曲が収められたデビューアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』で17歳4ヶ月の若さでアメリカ、イギリスをはじめ、11カ国でチャート1位を記録している。


映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』は、11月15日(金)全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ