大人女子のトップスは「アウト」か「イン」か?結局どっちがおしゃれなの?

folk

2019/9/4 22:00


トップスを、パンツにウエストインするのか?それとも着っぱなしでゆるっと決めるのか?

結局、どちらがよりおしゃれ見えするのでしょうか?

そこで今回は、おしゃれ上手さんたちの着こなし例を参考にしながら、トップスの「インスタイル」と「アウトスタイル」をいくつかまとめてみました。

ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

トップスをインした着こなし術


[TIENS ecoute] 抜き襟タック編みニット

zozo.jp

デニムパンツとボーダートップスのカジュアル定番コーデ。

ハイウエストデニムにトップスをウエストインすると、定番コーデでもスタイルアップが叶います。

[nano・universe] Anti Soakedボートネックプルオーバー

zozo.jp

きちんと見せたい日のコーディネートも、ウエストをインしてすっきりまとめるのがおすすめです。

カーディガンを肩からさらっとかけると、シンプルなコーディネートにこなれ感が増しますよ。

[ROPE' PICNIC] パールボタンパフスリーブトップス

zozo.jp

トップスをインすることで、ボトムスの存在感がアップします。

コーディネートの主役にしたい花柄スカートも、トップスをインして華やかさを引き立てたいですね。

[Noela] 2WAYカシュクールニット

zozo.jp

トレンチ風のハイウエストスカートが大人っぽいデザインなので、カラートップスを合わせても幼く見える心配がありません。

下半身カバーや脚長効果も格別ですね。

[ROPE' PICNIC] 【WEB限定】サイドスリットロングスリーブTシャツ

zozo.jp

こちらのコーディネートは、トップスの前だけラフにインした、程よい抜け感がシンプルなモノトーンコーデ。

こなれ感たっぷりな、ワンランク上の着こなしに仕上げてくれていますね。

[nano・universe] Anti Soaked RIBバックボタンTシャツ

zozo.jp

トップスを前だけウエストインしたこなれ感で、カラースカートの幼さも解消。

大人女性ならではの、カラーコーデを楽しむことができています。

トップスにダークなカラーをチョイスするのもポイント。

トップスをインした着こなし術

https://zozo.jp/

ボリューム感のあるギャザースリーブのブラウスも、ウエストをインすることで膨張感や着膨れが気にならなくなります。

ボトムスはタイトなシルエットのものを選んですっきりと。

トップスをインした着こなし術2

https://zozo.jp/

ふんわりとしたシルエットのスカートを使ったコーディネート。

トップスをウエストインすることでメリハリのあるラインに仕上がり、コーデ全体がすっきり見えますね。

[nano・universe] ZIP使いラップスカート

zozo.jp

タイトなシルエットのスカートにトップスをウエストイン。

ぼんやりして見えがちな淡色のワントーンコーデもすっきりして見えますね。

細見えも叶えてくれますよ。

トップスの着っぱなし着こなし術


[ROPE' PICNIC] 【WEB限定】サイドスリットTシャツ

zozo.jp

トップスをインせずゆるっと決めたコーディネートですが、落ち着いたカラー使いでまとめることで大人っぽさも感じられる仕上がりに。

足元をパンプスにして、きれいめに見せるのもポイントです。

[nano・universe] ウエストサッシュリボンブラウス

zozo.jp

ウエストをキュッと絞れるリボン付きのトップスなら、ウエストインしなくてもメリハリのあるラインを作ってくれます。

体型カバーなどにもピッタリなコーデ術ですよ。

[ROPE' PICNIC] 天竺プルオーバー

zozo.jp

きれいめなコーディネートにも使われるプリーツスカート。

大人っぽく上品な印象を与えてくれるので、カジュアルなTシャツをゆるっと合わせても、ラフになりすぎません。

[nano・universe] 前後2wayカシュクールリブニット

zozo.jp

落ち着いたカラー使いでまとめたコーディネート。

トップスをウエストインせず抜け感を出すことで、決まりすぎないこなれた印象の着こなしに仕上げることができます。

[Noela] ショート丈カットトップス

zozo.jp

ショートトップスなら、ウエストをインしなくても、キュッとメリハリのあるシルエットを作ることができますよ。

ふんわりとしたスカートと合わせても、膨張感が気になりません。

[nano・universe] Aperi/フレアスリーブレースブラウス

zozo.jp

レースブラウスは、大人っぽく上品な印象を与えてくれるアイテム。

ウエストをインしなくてもラフになりすぎず、きちんと感のある着こなしに仕上がります。

インスタイルとアウトスタイルでタイプの違った着こなしを


いかがでしたか?お好みのコーディネートはあったでしょうか?

トップスをウエストインするか、着っぱなしでゆるっと決めるかでコーディネートの雰囲気は変わります。

ぜひ、おしゃれさんたちの着こなし術を参考にしてみてくださいね。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ