何と読む?「平野紫耀」「七五三掛龍也」「忽那汐里」難読漢字有名人編

エキレビ!

2019/9/4 08:00





何と読む?「平野紫耀」
男性アイドルグループ「King & Prince」のメンバー平野紫耀。
イケメンでありながら天然の愛くるしさ爆発で大人気のアイドルだ。
映画「かぐや様は告らせたい?天才たちの恋愛頭脳戦?」で主演の白銀御行を演じる(ちなみに白銀御行は「しろがねみゆき」と読む)。
さて、「平野紫耀」は何と読むか。

正解は「ひらのしょう」
「紫」は、むらさき。音読みで「し」。
「耀」は、「耀く」と書いて「かがやく」と読む。音読みで「よう」。
「紫耀」は音読みで「しよう」となり、そこから「しょう」としたのだろう。



ちなみに「耀」は、光偏に、テキ。
テキは、キジなどの隹(とり)が飛ぶ様子を示す。
飛ぶ、抜き出る、華やかといった意味を持ち、光偏をつけた「耀」は「抜き出て光る」イメージになる。



何と読む?「七五三掛龍也」
男性アイドルグループTravis Japanのメンバー。ワンちゃんタイプのキュートな愛されキャラ、ダンスが超うまい。
さて、「七五三掛龍也」は何と読むか。

正解は「しめかけりゅうや」
「七五三」を「しめ」と読む。
しめ縄の「しめ」だ。
しめ縄は、神聖な場所をまもるための結界の役割をもっている。
縄のところどころに藁の束を下げてつくる。
この藁の束は、右から7本、5本、3本と下げるのが習わしだ。
それで「しめ縄」を「七五三縄」と書くようになり、「七五三」を「しめ」と読むようになった。



何と読む?「忽那汐里」
『マーダー・ミステリー』『デッドプール2』など海外作品でも活躍する人気女優。第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
さて、「忽那汐里」は何と読むか。
正解は「くつなしおり」
「忽那」と書いて「くつな」と読む。
「忽」は、たちまち。音読みで「こつ」。
「忽然(こつぜん)と姿を消す」の「こつ」だ。
「那」は、なんぞ。音読みで「な」。
「刹那(せつな)」の「な」だ。
忽那汐里の所属しているオスカープロモーションの先輩には、剛力彩芽(ごうりきあやめ)と武井咲(たけいえみ)がいる。なぜ、みんな読むのが難しい名前なのか。
(テキスト:米光一成)

当記事はエキレビ!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ