【40代の秋リップ】老け見えする危険なリップはコレ!覚えておきたい脱オバテクとは?

OTONA SALONE

2019/9/4 18:30



そろそろメイクも、秋支度を心がけたい今日この頃。

この秋も、夏と比べてこっくりとした発色のリップが数多く揃ってきて、40代でも使いやすいトレンドがわんさかな印象です。

他方、発色の強い口紅は、場合によっては「老け顔」を招く要素にもなるため、ちょっと気を使いつつ塗っている女性も少なくないかもしれません。

「この秋も強い発色の口紅に惹かれるけれど、“老け見え”だけは勘弁!」と感じていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代の秋リップで正解と不正解を分けるポイントのお話です。

40代が「老け見え」する秋リップって…?




バーガンディーっぽいレッドや、パープルがかったブラウン、こっくりとしたプラム……など、いかにも秋らしい色は、上手に使えば淑女のような上品なメイクが叶うアイテム。

しかし残念なことに、老け見えしてしまう40代ほど、やりがちなNGもあります。

その最たるものは「ベタ塗り」や「くすみ見え」。

濃いめの口紅を直塗りなどでベタッと唇に塗るだけだと、唇だけがニューっと妙な存在感を醸し出し、ケバい印象や古臭い印象からの老け見えに。

また、肌色がくすんで見えやすい色を選んだり、ツヤがない口紅にややマットな口紅を塗っただけだったりと“肌のくすみ感”を加速させてしまうメイクも、年齢以上に老けて見せる場合が少なくありません。

ですので秋らしいメイクを意識しつつ、老け顔を防ぐには「ベタベタ感」や「くすみ見え」を避けやすい、ちょっとしたコツを意識しておくと便利です。

老け見えリップを防止!40代がトライしたい脱・おばさん唇テク

(1)なじませリップライナーで唐突な印象を避ける




濃いめの口紅をいきなり唇に塗ってしまうと、肌との境界線のコントラストが強すぎて、ケバい印象を与えてしまう原因にもなりがち。

そこで、口紅を塗ってみて「なんか浮いてる」と感じるときには、リップライナーを用いて境界を曖昧にするのもテクニックです。

たったひと手間だけれど、肌とのコントラストにワンクッションが入り、唇だけが悪目立ちするのを防ぎやすく、唐突な印象を避けやすくなります。



左がライナーなし、右がライナーあり。さりげなくグラデーションが入るので、ライナーがあるほうが、肌に口紅がなじみます。

今回使ったのは、ディアダリアの「リップパラダイスインテンスサテン803 BELA」とTHREEの「リファインドコントロール リップペンシル 03」。

ディアダリアのリップは発色がきれいなだけに、色によっては唐突な印象も出かねず、ややトーンを下げたリップペンシルで輪郭をつくっておくと、なじんでくれます。

(2)マット系は下地がマスト




この秋もマット系のリップは、リアルブームの兆し。

だけれど、40代がマット感を強調したリップメイクをしてしまうと、ツヤ不足からの老け見えを招きがちなのも確か。

ひと昔前のトレンドのようなキラリと光るツヤまでは「やりすぎ」でも、うるおいに満ちたイメージ程度のツヤは、フレッシュな印象を出すのには欠かせません。

ギトギトした仕上がりを避けるべく、ほどよく保湿してくれるリップ下地を仕込めば、脱・オバ見えを狙えます。



左が下地なし、右が下地あり。下地があるほうが、発色が柔らかくなります。

こちらで使ったアイテムは、ディアダリアの「リップパラダイスインテンスサテン808 MEGAN」とランコムの「ラプソリュ ルージュ ラ バーズ 00」。ランコムのこちらのリップクリームは、ギトギトせずにどんな口紅の下地にも合わせやすいです。

リップメイクは、同じ口紅を使っても、塗り方によって印象が変わります。

ちょっとしたひと手間を怠ったせいで「オバサンっぽい……」を招いていたら、ガッカリ。

せっかく買ったリップを無駄にしないためにも、オバサン感を出さずに楽しめるテクがあると便利です。

この秋、いつもより冒険した色みを手に取ろうと計画中のみなさま、よろしければ参考になさってみてください。

(※筆者注:掲載している画像は筆者の私物です。文中の効果は、筆者の個人的な感想です。)

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ