北村諒がシャーロック、ワトソンに松井勇歩 舞台『憂国のモリアーティ』の追加キャストが決定

SPICE

2019/9/4 18:21



2020年1月10日(金)~1月19日(日)東京・EX THEATER ROPPONGI、1月31日(金)~2月2日(日)大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演される舞台『憂国のモリアーティ』の追加キャストに君沢ユウキ、設楽銀河、北村諒、松井勇歩が決定した。

本公演は「ジャンプSQ.」にて2016年9月号から連載中の竹内良輔(構成)と三好 輝(漫画)による漫画の舞台化で、コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズにおけるホームズの最大の敵・モリアーティ教授を主人公とし、階級制度に縛られた大英帝国の闇と、変革の物語を描いた物語。今年5月には、鈴木勝吾、平野良らが出演するミュージカル版が上演されているが、本公演は別の作品となる。

主演のウィリアム・ジェームズ・モリアーティ役を荒牧慶彦、兄のアルバート・ジェームズ・モリアーティ役を瀬戸祐介、弟のルイス・ジェームズ・モリアーティ役を糸川耀士郎が演じることが既に決定していたが、この度、その他の出演者も発表された。

モリアーティ家に忠誠を誓う使用人、セバスチャン・モラン役を舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立』フランシス・F 役、体内活劇『はたらく細胞II』キラーT細胞 役、ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』はたけカカシ 役の君沢ユウキ、フレッド・ポーロック役をミュージカル『黒執事』~NOAH'S ARK CIRCUS~ドール 役、『アイ★チュウ ザ・ステージ』華房心 役、舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ 五虎退 役の設楽銀河。
セバスチャン・モラン:君沢ユウキ (C) 竹内良輔・三好 輝/集英社 (C)舞台「憂国のモリアーティ」製作委員会
セバスチャン・モラン:君沢ユウキ (C) 竹内良輔・三好 輝/集英社 (C)舞台「憂国のモリアーティ」製作委員会
フレッド・ポーロック:設楽銀河 (C) 竹内良輔・三好 輝/集英社 (C)舞台「憂国のモリアーティ」製作委員会
フレッド・ポーロック:設楽銀河 (C) 竹内良輔・三好 輝/集英社 (C)舞台「憂国のモリアーティ」製作委員会

そして、モリアーティ3兄弟に対峙するシャーロック・ホームズ役を『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』鳴上嵐 役、『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 轟焦凍 役、体内活劇『はたらく細胞II』白血球 役の北村諒、ホームズの相棒ジョン・H・ワトソン役を舞台『黒子のバスケ』伊月俊 役、舞台『野球~飛行機雲のホームラン~』堂上秋之 役、舞台『スタンレーの魔女』足立 役の松井勇歩が演じる。
シャーロック・ホームズ:北村諒(左)、ジョン・H・ワトソン:松井勇歩(劇団Patch)(右) (C) 竹内良輔・三好 輝/集英社 (C)舞台「憂国のモリアーティ」製作委員会
シャーロック・ホームズ:北村諒(左)、ジョン・H・ワトソン:松井勇歩(劇団Patch)(右) (C) 竹内良輔・三好 輝/集英社 (C)舞台「憂国のモリアーティ」製作委員会

それぞれのティザービジュアルも解禁となった本公演。どんな舞台になるのか楽しみにしておこう。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ