米津玄師が振付師・辻本知彦とタッグ 『馬と鹿』MVはドラマと違うイメージで圧倒

大泉洋主演のTBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』で流れる米津玄師による主題歌『馬と鹿』は、ドラマ『アンナチュラル』(2018年1月期)に書き下ろした『Lemon』がそうであったように、ストーリーと見事にマッチして視聴者をより感情移入させる不思議な力がある。その『馬と鹿』のミュージックビデオで振付を担当したのは、これまでも米津の作品を手がけてきた辻本知彦だ。

大阪出身の辻本知彦はシルク・ドゥ・ソレイユに日本人男性ダンサーとして初めて起用された人物であり、ダンス指導や振付師として数々のアーティストに関わっている。

米津玄師の作品では2016年に『LOSER』のMVで振付を行い、2018年に日本武道館で開催された『米津玄師 2018 LIVE / Fogbound』にゲスト出演すると『Flamingo』のMVで振付を担当、米津がNHK紅白で『Lemon』を歌った時にダンサーを務めた菅原小春の振付も手掛けた。今年に入っても『米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃』で振付を行うなど縁が続く。

その辻本知彦が9月3日、Twitterで『馬と鹿』MVを「振付致しました。素晴らしく色々と絶品です」と紹介した。『Lemon』や『Flamingo』の山田智和が監督を務め、辻本の振付と映像が相まって醸し出す世界観は映画を観ているようだ。

視聴したフォロワーからは、「辻本さん! ありがとうございます! 『馬と鹿』という舞台か映画を観たような…とにかくすばらしい作品ですね、圧倒されました!! ダンスすごい…こみ上げてくる何か熱いものを感じました!」、「沢山のエキストラって聞いてましたが やっぱり『チーム辻本』の皆さんですよね?? あの壁をよじ登るシーン『蜘蛛の糸』を彷彿させる緊迫感半端なかったです 冒頭Aメロの屋上シーンも案外綿密に計算されたダンスで本当に魅力させられました」といった熱いコメントが寄せられている。

また『山田智和 Tomokazu Yamada』Twitterにも「すばらしいMVをありがとうございます!! 惹き込まれます。人間が誰しも持つ感情、意志が表れている感じがします」、「素晴らしいです。自分の心の奥底にあった感情が込み上げてきて泣いてしまいました」、「山田さんの、人間の感情表現の仕方が好きです 今回は特に米津さんの力強さ、真っ直ぐさ、今までにない面を見る事が出来て新鮮でした ありがとうございました」などの声が届いた。

主題歌『馬と鹿』とドラマの相性が良いため楽曲を聴くと『ノーサイド・ゲーム』が脳裏に浮かびがちだが、ショートムービー『馬と鹿』として純粋に堪能したい映像作品だ。

画像は『山田智和 Tomokazu Yamada 2019年9月3日付Twitter「米津玄師 「馬と鹿」Music Videoを監督しました。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ