吉永小百合、天海祐希を兄貴と慕う 「本当に頼もしくて格好いい方」

テレビファン

2019/9/4 16:09


 映画『最高の人生の見つけ方』ジャパンプレミアが3日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、天海祐希、ムロツヨシ、ももいろクローバーZ、前川清と犬童一心監督が登壇した。

本作は、余命宣告を受けた主婦の幸枝(吉永)と女社長・マ子(天海)が“最高の人生の見つけ方”を求めて最後の旅に出る物語。

レッドカーペット上でファンサービスを行った吉永は「宝塚のスターになったようです。皆さまの熱気にあおられて、ほとんど自分が自分じゃないみたいな状態です」と、満面の笑みを浮かべた。

天海と共演するのは『千年の恋・ひかる源氏物語』以来、18年ぶり。吉永は「撮影中はずっと兄貴についていきました。本当に頼もしくて格好いい方。前回ご一緒したときはあまり絡む芝居がなかったのですが、今回はずっと一緒にやれて『良かった』という思いでおります」と、喜びを口にした。

天海も「現場に行ったら吉永さんがいらっしゃるんですよ。毎日夢のようでした」とうっとり。とはいえ、大先輩との共演には緊張もあったそうで、「やはり目の前に吉永さんがいると気が付いたら駄目。いるのですが、サッチー(幸枝)だと思ってやっていました」と、撮影中の心構えも明かした。

幸枝の夫役の前川は、吉永の推薦で決まったという。吉永が「いつも直立不動で歌っている前川さんを見て『絶対、旦那さんはこの人だ』と思って監督に直訴したんです」と振り返ると、前川は「最初はお断りしたんです。というのも自信がなかったから。でも監督に相談したら『いつもの通りのボーッとした感じでいいんですよ』と言われて」と、笑わせた。吉永からもらった手紙は今でも宝物だといい「大事にします」と、幸せそうに話した。

映画は10月11日から公開。

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ