篠山紀信にとって写真は「時代を映す鏡」 第一線で走り続ける苦労も

しらべぇ

2019/9/4 16:40




写真家の篠山紀信が4日、東京ドームシティ「Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)」で5日より開かれる写真展「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show」のオープニングセレモニーに登場。

展示の見どころや思いを語った。

■美術館の作品は「死体置き場」?


2012年から7年間、全国32箇所を巡回して約99万人を動員して写真展も、今回が最終会場。



「写真展は面白くない。美術館にある作品は、写真の死体置き場だ! って言ってたんです」と話す篠山だが、「写真にパワーがあることを展示したら面白いのでは。でっかい空間に対して、でっかい写真。『写真力』対『空間力』だったら面白い」と思い、今回の展示を決めたという。


関連記事:篠山紀信氏が平成最後の写真集を発表 『ヌード写真集と言われるのは不本意』

■時代と並走し続ける


展示される写真の多くは有名人のものだが、「三島由紀夫の写真を見たときに『彼が亡くなって50年。50年前は何してたかな?』と写真がどんどん広がって、いろんなことを思い起こさせる。(山口)百恵さんの写真も、『この写真は雑誌で見たことがある』『あの頃は彼女がいたな』とか、いろんなことを思い出すわけですよ」と語る篠山。



写真家として50年以上活躍している篠山にとって、「写真は時代を映す鏡」だという。

「時代が生んだ面白いモノ・コトを、一番近くまで寄って行ってパチッと撮るのが一番いい写真。常に時代と並走していないとダメ」と第一線で走り続けるコツを明かすも、「言葉では言えるけど、実際は大変」と笑う。



「写真集のため、雑誌の表紙のため。全部自分が撮りたくて、作品として撮らせてくれって作品じゃないんです。そこが時代なんだよね。時代がこういうものを撮りたい・産みたい、それなら篠山が一番いい、って常に思われないといけない」と苦労を語る。

■まずは来てほしい


そんな篠山が、一番熱く語ったのは「本やテレビじゃダメ」。



「(今日のイベントの)記事を見て、『展覧会を見た』って思っちゃダメ。会場に足を運んで、空間に浸って、写真とお話をすることが大事。体感しなくちゃ」と呼びかけた。
【篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show】
会場:Gallery AaMo(東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ クリスタルアベニュー沿い)
期間:2019年9月5日(木)~2019年10月27日(日)10時~18時
入場料:1,400円
・合わせて読みたい→「スマホの写真整理で…」 若い頃の写真と見比べて「老けた」と感じる?

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ