ヘンリー王子、プライベートジェット利用について初言及 「普段の移動は99%民間機」とも

現地時間3日、英王室ヘンリー王子は「地球環境に優しい旅」の実現に向けた新たなプロジェクトを発表するため、アムステルダムを訪れた。先月に大バッシングを浴びた自身のプライベートジェット利用に話が及ぶと「普段の移動は99%民間機を利用している」「ある特定の状況下では家族の安全を最優先しなければならない時もある」と自身の行動を正当化する言葉を発し、賛否両論を集めている。

先月、プライベートジェットで南仏へバカンスに出かけていたことが明らかになった英王室ヘンリー王子・メーガン妃夫妻。2人はその数日前にスペインでの休暇を終え、プライベートジェットで英国に帰国したばかりだったことから「ロイヤルメンバーという立場にありながら、連日遊び回っている」との批判や「日頃から環境問題への懸念を口にしているわりには、プライベートジェットを頻繁に利用しすぎ」といったコメントが相次いだ。

そんななかで現地時間3日、ヘンリー王子はオランダ・アムステルダムを訪れ「地球環境に優しい旅」の実現に向けた新たなプロジェクト「Travalyst」のローンチを発表した。「Booking.com」「Visa」「TripAdvisor」といった企業とタッグを組んだこのたびの試みでは、旅先の環境保護や地球温暖化の要因となるCO2排出量の削減、また観光地の経済発展といった問題を扱う予定だという。

この新プロジェクトの内容が、プライベートジェット利用という自身の行動と矛盾しているのでは?―との意見を想定したのか、ヘンリー王子はスピーチの中で

「完璧な人なんていません。私達は皆、まだまだ向上の余地があります。」

「大事なのは、問題点の改善に向けてどのように行動するかです。」

と述べた。

また記者団との「Q&Aセッション」では、自身のプライベートジェット利用に初めて言及、

「私が世界を旅する時、普段は99%民間機を利用しています。しかしある特定の状況下では、家族の安全を最優先しなければならない時もあります。理由はこのようにシンプルです。」

と語った。さらにプライベートジェット利用の際は、自身が排出したCO2量を相殺するために温室効果ガスの削減プロジェクトに投資するなど、いわゆる“カーボン・オフセット”を積極的に行っているとアピールし、今後もプライベートジェットの利用は続けていく意向を示唆した。

このたびのヘンリー王子の返答には、

「こういう正直な回答は好感が持てる。」

「プライベートジェットっていう選択があったら、きっと誰だってそうするはず。」

「過去に殺害の脅しを受けたこともあるヘンリー王子にとっては、人ごとじゃないよね。」

といったヘンリー王子を擁護するコメントが見受けられたが、一方で

「99%っていうのは言い過ぎじゃない?」

「“家族の安全が最優先”っていうのなら、旅行自体をやめれば解決するのでは?」

「“カーボン・オフセット”をするための資金は、そもそも英国民の税金ですけど?」

という批判的な意見も相次いでおり、中には

「自分を正当化しようとしているのがバレバレ」

「ヘンリー王子はこれで信用を失ったね」

と嘆く声もあがっている。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年6月12日付Instagram「Last night, The Duke of Sussex attended a fundraising concert for Sentebale in the stunning grounds of Hampton Court Palace.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ