成田第3ターミナル、増築エリア5日から供用 出発・到着客分離で混雑緩和

Traicy

2019/9/4 12:03

NRT成田空港を運営する成田国際空港(NAA)は、第3ターミナルの1階到着ロビーを増築し、9月5日から供用を開始する。

第3ターミナルは2015年4月8日のオープンから4年が経過。格安航空会社(LCC)の急成長により、2018年度は年間取扱能力の750万人を超える762万人が利用した。そのため、出発客と到着客の動線が混在する2階出発ロビーでは、時間帯よって混雑が発生している。

NRT今般の増築では、1階到着ロビーを約1,600平方メートル拡張し、到着客が2階出発ロビーを経由することなく外の交通機関にアクセスできる新たな動線を設定。出発・到着動線の混在を解消し、混雑緩和を図る。併せて、バス乗車券販売カウンターを2階出発ロビーから1階到着ロビーに移設するほか、宅配カウンターの新設やWi-Fiレンタルカウンターの増設などを行なった。なお、2階出発ロビーに上がる動線もこれまでと同様に利用できる。

第3ターミナルは今回の増築に加え、スマートセキュリティとインラインスクリーニングシステムを今年度中に導入予定。年間取扱能力は900万人に増加することが見込まれている。

NRT▲到着ロビー出口

NRT▲到着口から連絡通路へ直接アクセスする新たな動線

NRT▲連絡通路2階へのエレベーター

NRT▲連絡通路2階エレベーターホール

NRT▲聴覚障害者配慮型のエレベーターを国内空港で初めて導入

NRT▲テレビ通話により非常対応を行う

NRT▲1階到着ロビー拡張部 案内カウンター

NRT▲1階到着ロビー拡張部 待合場所

NRT▲1階到着ロビー拡張部

NRT▲交通案内デジタルサイネージ、京成線自動券売機

NRT▲バス乗車券売り場

NRT▲宅配・Wi-Fi、SIMカードカウンター

NRT▲国内線到着時の動線

NRT▲国際線到着時の動線

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ