『刀剣乱舞』などで人気の鈴木拡樹、KEYTALKとにっこり

dwango.jp news

2019/9/4 12:00


KEYTALKの新曲『DROP2』がMBSドラマ特区『カフカの東京絶望日記』(9月12日より毎週木曜24:59~放送)のエンディングテーマ曲に決定した。

『変身』/『審判』などで知られる小説家フランツ・カフカが、なぜか現代の東京で生活しあらゆる事象に絶望する、摩訶不思議な新感覚コメディドラマ『カフカの東京絶望日記』。

刀剣乱舞』シリーズ/アニメ・舞台『どろろ』などで活躍する人気俳優の鈴木拡樹がフランツ・カフカ役に体当たりで挑み、今年4月よりYouTubeで第1話(前編・後編)が無料配信され注目を集めていた作品だ。

エンディングテーマ曲となる新曲『DROP2』は、アップテンポの軽快なサウンドと哀愁漂う歌詞のコントラストが、絶望を極めることで周囲が希望を感じる本作のギミックとみごとにリンクする1曲。

日本中のフェスを踊らせるモンスターバンド“KEYTALK”は、8月には4週連続配信シングルのリリース。そして今夏も全国各地の大型フェスに乗り込み、11月にはアルバム発売と全国ツアーを開催。そんな勢いが止まることの無い彼らの動きから目が離せない。

<KEYTALK メンバーコメント:小野武正(Gt./MC/Cho.)>
今歩んでるこの人生
実は2回目だとしたら?
歓喜した事も絶望した事も
過去の事なんて記憶に無くてまた繰り返す
繰り返してふと感じるデジャブ
世界の裏側に気付けた勝者は優越感に浸って廃れていく
そんな摩訶不思議なファンタジー
はたまたそれが現実

そんな奇妙でポップな唄でございます。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ