Mr.シャチホコ、和田アキ子からの電話に出られず恐怖 「平謝りしたが…」

しらべぇ

2019/9/4 10:00

(画像はMr.シャチホコ Twitterのスクリーンショット)
和田アキ子のモノマネで人気を博すものまね芸人・Mr.シャチホコが、3日放送『ザ! 世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に登場。和田本人から電話があった際の驚きのエピソードを披露した。

◼突然の和田からの電話


妻とディズニーランドに遊びに行った際、「本物のアッコさんから電話がかかってきた」というシャチホコ。慌てて出たものの、携帯の充電が5%ぐらいしか残っていない状況だったため、「もしもし、アッコですけど…」と声を聞いた瞬間電源が切れてしまう。

アトラクションに乗る直前のことで、そのまま乗り物に乗ったものの、全く楽しめずすぐに帰宅。充電して折り返したのだが、電話は繋がらなかったという。


関連記事:『水曜日のダウンタウン』ダマし電話企画に驚愕 「TBS攻めてる」「恐怖を感じる」

◼1ヶ月後に再び…


「なんの電話かわからないまま」1ヶ月が過ぎたころ、和田から再び電話が。怒られると思ったシャチホコは「この間はすみません」と平謝りする。

しかし、和田は特に怒らない。和田の電話は「こうなったら、私のモノマネを完璧にしてくれ!」と、シャチホコに自身のモノマネをさらに精進するようエールを贈るための連絡だったのだ。

シャチホコは「もういま以上、アッコさんのモノマネの完成度は上げられない」と考えていたが、その言葉を受けさらに研究を重ねる。そうして、ある番組で監視カメラを「きゃんしキャメラ」と言う和田を発見、モノマネに活かしたことを明かした。

◼シャチホコと本人のエピソードに…


和田のモノマネを確立したシャチホコ。本人とのエピソードには多くの反響が起きている。









◼2割弱は「モノマネできる」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1477名を対象に調査したところ、15.7%が「モノマネができる」と回答している。もちろん、プロのシャチホコとのクオリティは比べるまでもないだろうが、2割近くの人はモノマネのレパートリーを持っているようだ。



完成度の高いシャチホコの和田モノマネだが、和田はシャチホコにさらなるクオリティを求めた。モノマネされる側にとっても、できる限り「似ている」モノマネをしてほしいものなのかもしれない。

・合わせて読みたい→和田アキ子、闇営業に「顔出してと言われたら…」と持論展開 その内容に称賛の声

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1477名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ